キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2009.04.20 (Mon)

収穫ノヨロコビ

09042001.jpg

今日はこんなものを収穫してきました。
ワンコネタではありませんが、ご興味のある方はぜひご覧下さい♪

【More・・・】

今日、地域の育児イベントで、たけのこ掘りに参加してきました。
(場所は、よくりんちゃんとお散歩に行く広場でしたー!)
しょーたんと同じくらいの親子が、30~40組はいたかな?

09042003.jpg

道具は、まさに子供だまし^^;
しかも子供たち、お手伝いしてるんだか、ジャマしてるんだか・・・!?
スーまま、燃えましたよ! お友達から大きなスコップを借りて、汗だくで掘りました。

09042002.jpg

ヤッター!

・・・と歓声をあげたのはママたちのほう(笑)
みんなで協力して、4~5本収穫できました。
どれもおチビちゃんだけど、小さいほうがおいしいらしい^^v
さらに、スタッフの方から大きいたけのこを何本かお裾分けいただきました。

それにしても、こんなにたくさんのたけのこ、どうしよう?
どうやって下処理すればいいんだ??

09042004.jpg

急きょ、お友達のおばあちゃんに来ていただいて、切り分けていただきました。
掘りたてをすぐに下茹するなら、皮を剥いで切っても問題ないそうです。
(ただし乾燥しないよう、すぐビニール袋等に入れる)

私が、産毛のきれいな竹の子の皮を手にとっていたら、
「昔はこの皮に梅干を包んで、なめていたのよ。食べ物がなくてね」
と、おばあちゃんが昔話をして下さいました。
そういえば、そんな話を両親からも聞いたことがあったような・・・

高齢ママもヤンママさんたちも、おばあちゃんから下茹&調理法を
伝授していただき、急いで帰宅しました。

09042005.jpg
おばあちゃん直伝で下茹&調理した、たけのこ料理の数々。

しょーたんは、信じられないくらい、たけのこをパクパク。
もともと、たけのこ御飯があまり好きではないダンナしゃんも、パクパクパク。
スーパーで売ってるゆでたけのことは、まるで食感が違いました。

おばあちゃんがいなかったら、
まず、大小バラバラの竹の子を人数分に配分するのにてまどい、
何とか分配し終わっても、どうやって下処理して、どうやって調理して・・・

ネットで検索しているうちに、たけのこの鮮度はどんどん落ちていっただろう。

今日は子供のためのイベントでしたが、
実は、こういう収穫体験や、おばあちゃんの知恵袋を一番求めているのは、
豊かな食生活の中で、何不自由なく子供時代を過ごしたママたちのほうなのかも。

そういえば、私の母も実家でたけのこをさばいていたっけ・・・
もっと、お手伝いすればよかったな。

自分で収穫したものを、自分で料理して、みんなで食べるシアワセ。
なんとも言えない充実感に包まれた、今晩の食卓なのでした。

関連記事

Edit  |  23:26 |  スーさん家の日常  | Trackback(0)  | Comment(10) | Top↑

★我が家も

日曜日、タケノコ掘りにいってきましたよ。
こちらは本格的竹林で、大磯の山奥でした。
連れて行かれてびっくり・・。
なんとか2本探してほりました。

ダッチオーブン振興会の皆さんの集いに参加させていただいたので
その場でタケノコごはんや、おかか煮、いろいろてべましたが、
うちの子供も珍しいぐらいぱくぱく。
美味センサーの感度良好ですね。

私は掘ったタケノコを旦那さんのお母様に託しました(苦笑)
今日タケノコご飯と水煮になって帰ってきました。。。


らいら |  2009年04月21日(火) 00:03 | URL 【コメント編集】

私も昨日たけのこ茹でました~v-411
たけのこの下茹でって結構メンドクサイと思ってたんですけど、
茹で始めたらほったらかしでもOKだから、意外と手間かからないんですよね。

私は、たけのこと鶏もも肉の醤油炒めと、若竹煮を作りました~。
炒め物は、食感が良くて美味しかったです~v-398
あと、姫皮で酢の物とかサラダも出来ますね。
掘りたてのたけのこだと、水煮では味わえない食感があって、作るのも楽しくなりますねv-238
ようまめ |  2009年04月21日(火) 12:55 | URL 【コメント編集】

★Re: らいらさん

山奥の竹の子掘りもさることながら、
「ダッチオーブン振興会」が気になる・・・
(最近、ダッチオーブン買ったばかりなので^^;)

それにしても、採れたてってこんなにおいしかったのーって
ビックリしました。
もう、スーパーの水煮は食べられないかも(汗)
子供は正直ですよね。

あ、アク抜きはとっても簡単でしたヨ。
スーさん |  2009年04月23日(木) 20:37 | URL 【コメント編集】

★Re: ようまめさん

そうそう、鍋に入れっぱなしだから、とっても簡単でした。
すぐ近くに竹林があって、収穫作業は楽しくて、
アク抜きもこんなに簡単で、こんなにおいしくて・・・
何でもっと早く行かなかったんだろうと後悔。
実はここの竹林、来年は立ち入りできなくなってしまうかもしれないんですー

ようまめさんのコメントにヒントを得て、
やわらかい部分はサラダにしてみました。
レタスに埋もれて、ちょっと存在感なくなっちゃったけど^^;
おいしかったです!
スーさん |  2009年04月23日(木) 20:41 | URL 【コメント編集】

★お久しぶりです~

たけのこ、いいなぁ!掘りたてのたけのこは春の香りがたまらないですよね(^o^)b
高校生の時に友達の家でたけのこ掘りをしたのを思い出しました♪たけのこの皮に梅干しを包んで...コレ、母に教えて貰って以前やってました~。美味しいので機会があったらやってみて下さーい☆
ピン子 |  2009年04月24日(金) 12:39 | URL 【コメント編集】

私も数日前 朝採りたけのこ買ってきて食べました
はじめて自分でした処理してゆでたのですが、とってもおいしかったです

そうそう私も母に竹の皮に梅干入れてもらって舐めてました
おやつのない母の時代ならではのおやつですよね~^^

KIYO |  2009年04月24日(金) 16:51 | URL 【コメント編集】

★ヤンママ

てっきりヤンキーとばかり思っていました。
言葉は生き物ですね。

ヤンママ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤンママとは、1994年の流行語。
25歳までに子供を生んだ若い母親のこと。 1980年代のツッパリブームを経て、1990年前後においては不良少年、少女が交際した結果、中学校、高等学校在学中もしくは卒業直後に妊娠、出産するケースが顕著となった。 1994年には、その名残として、20歳前後という若い年齢にも係わらず育児を行う母親が急増。メディアを通して世間に「ヤンママ」として認知され、流行するに至った。
語源は「ヤンキー」と「ママ」の合成である。 最近では「ヤンキー」の語感が薄れ、ただ単に「若い(=英語Young)ママ」という意味合いで使われる傾向がある。

ヤンママ
ヤンママとは、十代の若いお母さんのこと。
ヤンママとは、ヤンキーの格好をしたお母さんのこと。
【年代】 1994年  【種類】 若者言葉
ヤンママの解説

ヤンママとはヤングとママから成る合成で、若いお母さんを意味する。若いお母さんの年齢は主観的なものであり、特に定義はされていないが、一般的には10代のお母さんのことをいう。ヤンママは1990年代から使われ始めた言葉で、受賞はしていないが1994年の流行語大賞にノミネートされている。
また、ヤンママの『ヤン』をヤンキーの略とし、ヤンキーの格好をしたお母さんという意味もある。本来ヤンママはヤングママが略された言葉だが、若いお母さんの中には元ヤンキーやヤンキーの格好をした人も多かったこと、更にメディアがヤンママを取り上げる際、そういった若いお母さんを面白おかしく取り上げたことからヤンキーママの略という別の解釈が生じた。最終的にヤンママは二つの意味を持つ言葉として定着した。
ひろ |  2009年04月27日(月) 12:23 | URL 【コメント編集】

★Re: ピン子さん

お久しぶりです。
竹の子の皮+梅干、どんな味がするんでしょう?
実は梅干が苦手だったりします(汗)
旬のものはやっぱりおいしいですね。
来年もまたホリホリしたくなりました。
スーさん |  2009年04月30日(木) 22:33 | URL 【コメント編集】

★Re: ひろさん

ヤンキーって、もう死語ですよね~
私は今でも時々使っています(笑)田舎にはまだいるんですヨ!

私は「若いママさん」という意味で使っていました。
さすがに10代ママはおらず、20代デス。
でも、私から見れば、20代もヤンママみたいなもので
言葉はこうやって変化していくのかもしれませんね。

スーさん |  2009年04月30日(木) 22:37 | URL 【コメント編集】

★Re: KIYOさん

KIYOさんも梅干やってたんですか~。
こういうのは、親から子へと伝えていきたいですね。

下茹で、思ったより簡単ですよね。
こんなに簡単で、おいしくて、楽しいのなら、
来年はもっとホリホリしたいと思いました~

スーさん |  2009年04月30日(木) 22:39 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |