fc2ブログ
キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2008.12.09 (Tue)

今年最後の静岡帰省(番外編)

あ、そうそう、先日チラっと書いた
長谷寺紅葉ライトアップのTV取材(コレ)ですが・・・

採用されず。ですた^^;

たくさんの人にインタビューしていたみたいだけれど、
実際に放映されたのは、たったの2組。NHKさん、お疲れ様です。

さて--

静岡帰省ネタ、もう少し引っぱりま~す。

静岡ならではのご当地カルチャーを集めてきたので、ちょこっとご紹介します。
それから、子連れにオススメのスポットなどもあわせて紹介しますね。
ワンコには関係ないので、興味のない方はスルーしてくださいね。

まずはコチラ。

08121001.jpg
天神屋のおでんコーナー

ダンナしゃんが、静岡おでんを食べてみたいというので、
静岡では知らない人はいない、有名なお弁当チェーン店「天神屋」に立ち寄りました。

天神屋(テンジンヤ)では、おでんはもちろんのこと、おにぎり、行楽弁当、
お惣菜各種、それからカレーやポトフやトマト煮込みなんかは、
大きな鍋に入っていて1杯いくら、というように売られています。

ダンナしゃん、いたく感動してました。
○リジン弁当なんかより、ずーっと品揃え豊富です。

08121012.jpg
こちらがテイクアウトした天神屋のおでん

ところで、静岡おでんには、いくつか特徴があります。
ざっと列挙してみると・・・

・お弁当屋さんや駄菓子屋さん、喫茶店などに、おでんコーナーが普通にある。
私もよく子供の頃、駄菓子屋さんや喫茶店でおでんを食べました。

・竹串に刺さっている。
これ、静岡スタンダード(笑)。
串の先端に色がついていて、その竹串の色でお会計したりします。

・はんぺんは黒い。そしてじゃがいもも欠かせない。
静岡ではんぺんといえば、黒はんぺん。
あと、煮崩れちゃうけれど、じゃがいもも必ず入っています。
逆に、練り物は少ないかも・・・。

・だし粉と甘味噌をかけます。
こっちに引っ越してきて、おでんといえば、透明なスープに練りがらしが当たり前なんだけど
うーん・・・なんか物足りません。
静岡おでんは、けっこう濃い目のスープで煮込み(でもそんなにしょっぱくはない)、
食べるときに、だし粉と甘味噌(赤味噌にみりんなどを足したもの)をかけて食べます。

08121002.jpg
天神屋のおでんコーナーにもありました。


あああ、おでんだけでこんなに語ってしまった!
次、行きますね。

08121003.jpg
開花亭の桜えび御膳

ダンナしゃん、おでんの次は、「生の桜えびが食べたい!」というので、
由比の開花亭に行ってきました。
桜えびのかき揚げ、生、釜揚げ、佃煮などがセットで1600円。

実はわざわざお金を払って、外で桜えび料理を食べるなんて、
地元ではあまり考えられません。
たいてい、スーパーのお惣菜コーナーで買うか、自宅で揚げます。

私も初めてお店で桜えびを食べたのですが、サクサクでおいしかったです!
でも、やっぱり桜えびは桜えびかな(笑)

08121004.jpg
母が作った桜えびのかき揚げ

静岡到着の夜、母が桜えびを揚げて待っていてくれました。
(生桜えびを魚屋で購入)
気取って、お塩で食べてみましたが、やっぱり桜えびは桜えび~(笑)


お次は、静岡で見つけたおもしろ看板です。

08121005.jpg
焼酎の緑茶割りを「静岡割り」と命名します!

緑茶割り、これも静岡スタンダードです。
私は高校を卒業後すぐに家を出てしまったので、
静岡で飲む機会はほとんどなかったですが、
父いわく、「胃にやさしくて二日酔いしない」んだとか。

08121006.jpg
静岡は、おむすび県。

これは前出の「天神屋」で見つけました。
天神屋といえば、昔はおむすびが有名だったんです(今も)。
行楽に出かけると、お昼はだいたい天神屋のおむすび(笑)

静岡県民が目立っておむすび好きかどうかは不明ですが、
天神屋のおむすびは、私にとって懐かしい味であることに間違いないかな。
しらすのおむすびとか、五目おむすびとか、おいしいですよ~。


お次は子連れにオススメのスポット情報です。

08121007.jpg
グランシップ展望フロア(10階)

グランシップの芝生広場でりんちゃんをお散歩させた後は、
りんちゃんをばぁばに託して、展望フロアへ行ってきました。

こちら、富士山のすばらしい眺めもさることながら、
新幹線(在来線も)が眼下に眺められます。電車好きにはオススメです。

08121008.jpg
グランシップ3階にて

3階では、ちょうどクリスマスツリーも展示されていました。
何があるというワケではありませんが、癒されるスポットです。無料だしね。


08121010.jpg
百町森にて

両親がしょーたんにクリスマスプレゼント買ってくれるということで、
新静岡駅前の「百町森」というお店に行ってきました。
知育でもキャラクターものでもない、ロングセラーの木のおもちゃや絵本が取り揃えられています。
コンセプトはいいのですが、残念ながらあまりの高さに お気に入りのものが見つからなくて
プレゼントは購入しませんでした。代わりに、クリスマスのオーナメント(木の電車)を買いました。


08121009.jpg
県立美術館芝生広場にて


こちらは、りんちゃんが入れなかった県立美術館の芝生広場。
以前訪れたとき、広場脇の斜面でダンボールすべりを楽しむ子供たちがいたので
今回、ダンボールを持参して行きました。なかなかスリリングでしたヨ。

その後、りんちゃんと合流し・・・

08121011.jpg
いちょうのじゅうたんにて

「年賀状用に」と写真を撮ってみましたが、
しょーたん、りんちゃん以上に大はしゃぎで、不採用^^;

**********************************

改めて地元を観察してみると、
新しい発見やオドロキがあって、とても楽しいです。

ダンナしゃん、「よっぽどいい仕事があったら、静岡に引っ越してもいいよ」
なーんて言ってたけど、はてさて、どこまで本気なんだか・・・。
でも、やっぱり地元はいいですね。たまに帰るからいいのかもしれませんが
流れる時間がとってもゆったり感じられます。

そうそう、帰省中、しずおか市町村対抗駅伝大会が開催されていて、
連日、地方紙のトップを飾っていました。
みんな、本気で地元の市町村を応援しているんですよ。
そんなところも、なんだかほのぼのしていて、あったかーい気持ちになります。

たとえ、夜更かししたり、TVつけっぱなしだったり、キャラクターのおもちゃだったとしても、
家族みんなで食卓を囲んだり、じぃじと公園で遊んだり、ばぁばにおんぶしてもらったり・・・
温かくてにぎやかな暮らしの中でなら、きっと子供も自然とのびのび育つんだろうナ。

鎌倉に帰ってきてもまだ、静岡の空気をまとわせている私。
ダンナしゃんは、また満員の通勤電車に揺られて都会の砂漠へ。
私は静かな部屋でしょーたんと二人っきりの晩御飯。

いつか鎌倉も、私にとって静岡のような「地元」になるのかな?
それとも、静岡で「よっぽどいい仕事」見つけちゃう!?

なにはともあれ・・・VIVA静岡!

関連記事

Edit  |  17:16 |  静岡帰省  | Top↑
 | HOME |