キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2008.05.07 (Wed)

八十八夜の静岡帰省 ~大井川鉄道SLの旅~

08050801.jpg


実は、今回の帰省中に、電車好きしょーたんのために
大井川鉄道のSLに乗る計画を立てていました。
残念ながら、りんちゃんは静岡ばぁばとお留守番です。

りんちゃんを置いての日帰り旅行は、たぶん、これが初めてのこと。

りんちゃんとお別れをして、3人で電車に乗った瞬間、
なんとも言えないさみしさが襲ってきましたが、
こういう機会もめったにないので、新緑のSL旅行を楽しんできました。

りんちゃんはお留守番ですが、ご興味のある方はぜひご覧ください。
(少しですが、ワンコ情報も仕入れてきました^^;)

【More・・・】

08050811.jpg


いまにも雨が降り出しそうなお天気のもと、
金谷駅からSLに乗り込みました。
車内はとーってもレトロ(というか、ボロッ・・・!?)
約1時間半のSLの旅がスタートしました。

ボックス席でご一緒したのは、年配のご婦人とその息子さん。

「ウチの子、電車が大好きなんです」と言ったら、
ご婦人、「ウチの子も好きで、こうしてSLに乗せてもらってるの」
と微笑んでいました。

な、なんと息子さん本物の鉄っちゃんですた!
しょーたんに「将来はライバルだね!」だって~(笑)
でも、とってもほのぼのした親子で、なんだかこちらが癒されちゃいました。

しばらくすると、車掌さんがハモニカふきながら、
SL本(←実はこの販売が目的)を手に乗客の間を回ってきて、
SLの旅を盛り上げます。

こんなふれあいも、鉄道の旅ならではですね。

新茶香る段々畑と、越すに越されぬ大井川を楽しみながら
あっという間に終点の千頭駅へ到着。

そこから、ほとんどの観光客は寸又峡に行って
ウォーキングや温泉などを楽しむようですが、
我が家は子連れなので、千頭から車で5~6分の日帰り温泉施設へ。
(駅からの送迎あり)

08050803.jpg


「もりのくに」です。
日帰り温泉のほか、宿泊用コテージやBBQ施設、ちびっこ広場などもあります。

08050804.jpg


ここ、かなーり穴場です!

露天風呂の目の前を清流が流れ、眺めは抜群。
打たせ湯や寝湯、水圧湯などもありました。

休憩室は、これまた渓流沿いの広々した畳のお部屋(無料)で、
子連れには大助かりでした。
少ないけれど、テラス席もあったりして・・・犬連れはここカナ^^;


ログハウス風のコテージも渓流に面していて、とっても清潔な感じ。
実はこのコテージ、ワンコも宿泊OKなんです!

しかもね・・・

08050805.jpg


ドッグランまであるんです!
広々ガラガラ・・・も、もったいない

「来年の夏はさぁ~、りんちゃんも連れてきたいね」
「犬はSLに乗れるのかな? やっぱ車かな?」

そんな話ばかりしていた親バカ夫婦です。
帰りは予約していた時間より1本前の電車で帰ってきました。

りんちゃん、静岡ばぁば、お留守番ありがとね。

関連記事

Edit  |  15:14 |  静岡帰省  | Trackback(0)  | Comment(3) | Top↑

りんちゃんも大事な大事な家族だって、あらためて知りました。
お留守番りんちゃんのことを考えて、思わずほろっとするスーさん。
保育園のとんとんを考えて、ほろっとする私が重なったり・・・。
SLいいなぁ~。
でも、とんとんは1時間半も乗っていられないだろうなぁ^^;
と思って、ずっと二の足踏んじゃってます。
あり |  2008年05月07日(水) 22:27 | URL 【コメント編集】

ぐはぁっ!(゚д゚lll)ガガーン
ここはQooさんが目下行きたいspot上位の
大井川鉄道ではないですかー!

いいなぁ~いいなぁ~。
SLカッコ良かったんだろーなー。( TДT)グス
いいなぁ~いいなぁ~。
鉄っちゃん、ネルシャツINしてたんだろーなー。( TДT)ウェッ

やっぱり楽しそう。
絶対行こ。
Qoo |  2008年05月08日(木) 21:56 | URL 【コメント編集】

しょーたん、さっぱりスッキリ♪
男前になりましたね~!
↓の家族ショットのは可愛すぎる!
女の子って言われるのも納得だわ。

電車はワンコ乗れるし、SLも大丈夫なんじゃないかなぁ?と勝手に言ってみる…。
車で行ってみるのも良さそうですね!
りんちゃん喜ぶだろうな~♪

しょーたんは電車男手前ですね(笑)
うちの旦那、しょーたんにリスペクトされちゃうな(笑)
ゆきんこ |  2008年05月09日(金) 14:05 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |