キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2005.05.05 (Thu)

共働きにはどんな犬種がいい?

--ということで、
私たちが飼えるワンコの条件を整理してみました。

条件1:小型犬であること
    (マンションの規約上)
 
条件2:運動量がさほど多くなくてだいじょうぶ
    (毎日散歩に連れて行けそうにないので)

条件3:無駄吠えせず静かにお留守番できる
    (日中留守&集合住宅ゆえ)

条件4:性格がおだやか
    (私が犬が苦手なため)

条件5:丈夫でしつけしやすい
    (犬を飼うのが初めてのため)

「条件1」で犬種はかなり絞られてきますが、
最近は昔に比べると種類が随分増えているようです。

候補として真っ先に思い浮かぶのは、
チワワ、M・ダックスフンド、トイ・プードルあたりですが、
我が家(とくにダンナしゃん)では、ボストンテリアに白羽の矢が上がりました。
次いでスーさんお気に入りのキャバリア

0505051.jpg
タキシード柄がりりしいボストンテリア

いろいろ吟味しましたが、ボストンテリアはお留守番が苦手ということで、
最終的に、キャバリアで話はまとまりました。

犬種が決まったら次は色。

キャバリアには、「ブレンハイム」「トライ」「ブラタン」「ルビー」
の4つのカラーバリエーションがあります。

一般に多いのはブレンハイムなのですが、どうも人と同じのが嫌いなダンナさんの意見で、
「ルビー」にしようということになりました。

最後にもう1つ。オスかメスかも重要な選択肢です。

それぞれの、私たちにとってのマイナス要因としては、

オス→マーキングするのでしつけが大変。
    交尾スタイルにショックを受ける。
    メスにくらべて活発。

メス→生理がある。
    思わぬ妊娠or不妊手術or婦人病がある。

我が家はなるべくおとなしい犬を希望していたので、メスにすることにしました。
ちなみに繁殖させない飼い主さんの場合、約80%が避妊手術をしているそう(某ショップ談)。

というのも、妊娠・出産しないままでいると、卵巣がんにかかる確率がうんと高くなるそう。
自分はいつか子供が欲しいのに、ワンコの出産機会を奪うのか・・・。

でも気を取り直して

キャバリア
ルビー
メス
4ヶ月


これをキーワードにしばらくの間、また情報収集することになりました。

関連記事

Edit  |  10:00 |  共働きでもワンコは飼える?  | Trackback(0)  | Comment(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |