キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2007.12.12 (Wed)

フォトショの新しい画像ソフト

071201201.jpg
このガゾについては後ほど・・・


少し前のことになりますが、
ブロガーを対象としたAdobeのセミナーに行ってきました。

Adobeといえば、フォトショップやイラストレーターで有名なんですが、
「プロのデザイナーが使う難しいソフト」というイメージがありますよね。
そんなAdobeのフォトショップに、一般ユーザー向けの新製品が出るということで、
参加するとそのソフトがもらえる面白そうなのでモニターしてきました。
(そのときの様子はコチラ

とりあえず、説明書なしにチャチャっとつくったのが↑のポストカード。
レイアウトから背景、写真まで、すべてガイドにしたがって操作するだけなので、
とってもカンタン♪

ま、実際ブログでこういう画像を使うことはないんですが、
これから年賀状を作るのに便利そうです。

で実際、今ブログでよく使わせていただいているのが、
文字を斜めにする機能。お気づきでしたかー??

マウスでテキストボックスを好きな角度にドラッグするだけです。
その上、文字のサイズ変更や長体・平体もドラッグで自動的にかかります。

たとえば以前に使ったガゾですが・・・

07111604.jpg

これは、その機能をフル活用しました。

(裏話:この写真、3日ぶりにりんちゃんと再会したときのものなんですが、
嬉しさのあまり、りんちゃん、フレームにきちんと入っていません。
左側に大きな余白ができてしまったんですが、とっても思い入れのある写真です。
で、なんとかこのあふれ出る喜びが表現できないかと思い、こんな処理をしてみました)


その他の機能としては、

●写真を明るくしたり、シャープにしたりするのもワンタッチ!

●人間とワンの合成写真がカンタンにできちゃう!
(りんちゃん×しょーたんでやったら、コワっ!っていう出来だったので今回はボツ)

●フォトブックが自動作成できてオンライン注文できちゃう!

などなど、便利で楽しい機能満載のようです。

実際に自分で買うとなると、ちょっとお高いカナと思いますが、
よく「どんな画像ソフト使っていますか?」というご質問をいただくので
ご紹介まで--(ちなみに、動画編集ソフトもついていました。これも楽しそうデス)

製品名:
Adobe Photoshop Elements 6 & Adobe Premiere Elements 4

関連記事

Edit  |  22:25 |  スーさん家の日常  | Trackback(0)  | Comment(4) | Top↑

ナナメ文字気付いてましたよー!
そういうことだったんですね。
実は、うちは、「イラストレーター」ありますが、
はっきり言って宝の持ち腐れ・・・
夫が使ってますが、私は全くムリムリムリ。
私も使えるようになりたいなぁ。
ちなみに、結構お高いらしいです。
(私はお金出してませんが。)
まろまろ |  2007年12月12日(水) 22:40 | URL 【コメント編集】

フォトショップでそんな事できるんですね~!
サヤカはブログはwinでやってるんですが、フォトショはmacに入れてるので、使うことないんです
だって、面倒なんですもの~
でも、ソフトがもらえるなら、セミナー参加したいな(苦笑)
サヤカ |  2007年12月13日(木) 01:19 | URL 【コメント編集】

実は密かにフォトショップもイラストレーターも持っていて仕事では使っていたり。。。
でも、センスがないので、「こんな風にかっこよく写真を加工したい」というのがなくて、できなかったり。。。
いつまでもついてくる美術2(汗)
みなさんのブログを拝見して、いつも感心しきりです(^^;)
nyankooooo |  2007年12月13日(木) 16:48 | URL 【コメント編集】

まろまろさん
斜め文字にすると、ちょっと躍動感?出ますよね。
イラレは私も持ってましたが・・・マウスでお絵かきしておしまいでした(汗)
サヤカさん
そうそう、アドビのってマックメインでしたよね。
私も仕事で使っていた時期があって、わざわざマックを買ったときもありましたが、
やっぱりwinのほうに慣れちゃってると・・・ね~
nyankoooooさん
お仕事で・・そうなんですかー。カッコイイ!!
私もなかなかかっこよく編集できなくて、
せいぜい文字載せるのが精いっぱいです。
スーさん |  2007年12月14日(金) 08:16 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |