キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2016.03.30 (Wed)

りんちゃんのようす

みなさん、大変ご心配をおかけしました。
先ほど、動物病院から帰ってきました。
りんちゃん、ひとまず大丈夫です。

じつは日曜日の夜、りんちゃん、少し咳をしたかと思ったら
急に苦しそうに横に倒れてしまいました。
わずか数十秒だったと思いますが、カッと目を見開いて苦しそうで
明らかにただ事ではない様子。
その後、ハァハァとベロを出して落ち着きを取り戻しましたが、
その舌は紫色で、呼吸も乱れていました。

発作の原因は、まだ検査結果待ちのためよくわかりません。
心臓からくるものなのか、脳からくるものなのか、
もしかしたら、迷走神経反射かもしれないとのこと。
(話ぶりから、心臓ではなさそうな感じでした)

とはいえ、心臓の状態が気になっていたので、
エコー、レントゲン、血液検査をすることになりました。

心臓に関しては、以前からときどきエコー検査を受けていましたが、
1年前と比べて肥大が進行しており、ついに投薬を始めることになりました。
幸い、肺に水は溜まってないそうです。
これから毎日投薬、そして心拍(呼吸)数をチェックすることになりました。

それから血液検査の結果、
・貧血
・肝臓の数値(ALP)が異常値であることがわかりました。

さらにもう1つ、レントゲンで脊椎症を発症していることもわかりました。
背中をスリスリ床にこすりつけて泣いていたのは、そのせいだったのかな。。ゴメンネ

診察室から出てきたりんちゃんは、本当に生気がなく、
「いつも元気にワンワンほえているのにね~」と先生も心配そう(汗)

あとは甲状腺ホルモン値の結果を待ちつつ、
心臓のお薬を飲みながら、しばらく様子を見ることになりました。

***

年明けごろからなんとなく「元気がないな~」「年を取ったな~」と感じていました。
11歳なので、確かに老犬は老犬です。
いつもお昼寝していたソファにも上れなくなっていて、
フードも嚥下しにくそうだったので、お湯でふやかし始めたところでした。

そんな中で突然起こった深夜の発作。

ダンナしゃんもムスコももう寝ていて、私とりんちゃんだけがリビングでうたた寝していました。
発作を見ていたのは私だけ。
すぐに病院に行こうか、行くならどこに連絡したらいいのか・・・
いやいや、そんなことしているうちに呼吸が止まっちゃうんじゃないか・・・
あちこち連れまわすより、いつも一緒に寝ているベッドで静かに見守ってあげたい・・・

いろんな思いが巡って、不安で涙が止まりませんでした。
結局、その夜は家で様子をみて、翌日朝イチでかかりつけの病院に電話し、
そして今日の精密検査となりました。

これだけブログをやっていながら、
犬の病気のことに関してまるで知識がなく、ただオロオロするばかり・・・
しかも、今日病院に行ってはじめて体重が激増していたことに気づきました。
本当に情けない飼い主です。りんちゃん、ごめん。。

みなさんにも大変ご心配をおかけしました。
お騒がせなブログをアップして本当にすみませんでした。
でも、元気のパワーをいただけてて本当に本当に有り難かったです。
もうちょっと元気になったら、また戻ってきますね。絶対に!

16033001.jpg
ありがとだワン。

関連記事

Edit  |  18:15 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(7) | Top↑

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年03月30日(水) 21:07 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年03月30日(水) 22:37 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年03月30日(水) 23:27 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年03月30日(水) 23:50 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年03月31日(木) 10:04 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年04月01日(金) 17:33 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2016年04月02日(土) 00:53 |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME |