キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2013.09.16 (Mon)

カーペット新調しました!

確かにうすうす気づいてはいました。
お友達はみんな黙ってくれていたけれど、ズバっと言ってくれたのは、やはり実の母でした。

***

パピーの頃は糸を引っ張り出したり、シャーっとやられたり(涙)で、
1か月と持たなかったリビングのカーペット。
ようやくイタズラやお粗相が落ち着いてきて、今の大きなカーペットに買い替えたのが8年ほど前。
それから2度ほどクリーニングに出しましたが、どうにもこうにも抑えられなくなってきていました。

何を隠そう、りんちゃん臭
母に指摘されて、すぐに買いに走りました。


13091601.jpg
なかなか、いいじゃないだワン?

新しいカーペットは、「りん毛」が目立たないベージュの縦じまで、毛足は短め、
防虫処理済みで、ヘタりの少ないウール素材。
サイズはこれまでと同じ、リビングいっぱいに敷き詰められる大きさです。
もう昔みたいに走りまわらないから、小さくてもいいかな~と思っていたのですが、
歳を取ったら取ったで、フローリングが負担になることもあるのだとか。(HARUKAさん、ありがとうございます♪)

今までとほとんど同じスペックで、色もサイズも似ているのであまり変化は感じないかな~?
でも、りんちゃん的にはそうでもないようで--

13091602.jpg

そうなんです。枕がないんです!(コレ
これまで、ヘリ(ふちどり)が枕代わりだったりんちゃん、
どうも、新しいカーペットはしっくり来ないようで・・・

13091603.jpg

ヘン顔~(笑)

ま、でもすぐに慣れて、今も「ないヘリ」を枕にぐっすり寝ていますzzz
さすがにもう、お粗相の心配はないかな。(あったら困る!)


台風が過ぎ去った今日の午後、古いカーペットをゴミ処理場に持って行きました。
お金を払ったら、目の前でポーンと巨大なゴミの穴の中に--
たくさんの思い出が染み込んだカーペットとのお別れは、あまりにもあっけなく・・・
「でも、りんちゃんが死んじゃったわけじゃないからね」とすぐに気を取り直しました。

考えすぎかもしれないけれど、
カーペット変えたら何か不吉なことが起こるんじゃないか・・・とか、
カーペット変えるときはりんちゃんが死んじゃったとき・・・とか、
そんなことを考えていたから。(不快に思われたらごめんなさい)
だから、なかなかりんちゃん臭の染み込んだカーペットが変えられなかったんだよね。

新しいカーペットはふかふかでいいにおい。
これからも末長く、りんちゃんの足をお守りください。


関連記事

Edit  |  21:57 |  今日のりんちゃん(2013年)  | Comment(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME |