キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2011.03.15 (Tue)

静かな夜に感じた2つのぬくもり

なかなか更新できずにいましたが、
我が家は皆、大丈夫です。



私は友人親子と家で過ごしていたときに地震が発生しました。
子どもがいたので必死に「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と笑顔を取りつくろっていましたが
今まで経験したことのない大きな横揺れや、部屋のきしむ音を聞きながら
最悪の事態が頭をよぎりました。

ようやく揺れがおさまって真っ先に思い浮かんだのは、静岡の実家。
いや待て、鎌倉でこんなに揺れるなら震源は夫のいる東京かも・・・
すぐさま携帯を取り出したけれど、手が震えてボタンが押せませんでした。

2回目の大きな揺れの直後には息子がおもらし。お風呂場に行くも、水が出ず。
そんな中、りんちゃんがソファでぐっすり寝ていたのがせめてもの救いでした。

その日、鎌倉は夜遅くまで停電。
夫は帰宅困難となり、りんちゃんと息子と肩を寄せ合って寝ました。
不気味なくらい、静かで星のきれいな夜でした。


真っ暗な家の中でじっとしていることしかできなかった私たちと、
たくさんの情報の中で帰宅&出社困難となった夫、
たったそれだけの違いでも、震災に対する感じ方にギャップがあったように思います。
ましてや、実際に被災された方々とでは比べものにならないはず・・・
こういう危機的状況だからこそ、相手の気持ちを推し測って言動することが大切なのだと実感します。

そして、あの静けさの中で感じた息子とりんちゃんのぬくもりを思うと
こうやって普通に生きていることがどれだけ有難く、
そしてまた、紙一重であるかということを強く思い知らされます。


今、自分なりにできることといえば、「節電」と「募金」。
あと、なるべくいつも通りに生活すること、かな。

計画停電、日用品の買いだめ、ガソリン不足、放射能漏れ、チェーンメール、etc
いろんな憶測や批判、風評が飛び交っていますが、
直接の被災者でない私は、せめて不必要なことはしないように。

まずは、「自分なりにできること」から--
関連記事

Edit  |  00:22 |  スーさん通信  | Top↑
 | HOME |