キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2018.05.15 (Tue)

夢の吊り橋目指してGWキャンプ<湖上駅へ編>

つづきです。

じつは夢の吊り橋の駐車場近くに飲食店がいくつかあったので
そこでお昼ごはんを食べようとオトナたちはもくろんでいたんですが、
子どもたちの「キャンプ場で食べたい!」に押されて戻ってきました。
ホットサンドとかフレンチトーストとかそんな程度ですが・・・^^;

ちゃちゃっと遅い朝ごはんを済ませた後は、
ここ↓から出発です。

18050705.jpg
初日も登場したミステリートンネル

このトンネル、かつてのアプトラインの廃線だそうです。
キャンプ場に隣接する「長島ダム」の建設に伴って線路が移設されたと
管理人さんが教えてくれました。

トンネルだけそのまま残っています。
「そのまま」というのはちょっと違うかな^^
それは行ってのお楽しみということで(笑)

で、このトンネルを歩いて抜けると、
大井川鐡道「アプトいちしろ駅」があります。
↑サラッと書いてるけれど、トンネル内はそれはもう大騒ぎでした^^;

18051106.jpg

ですが、こんなのも残っていました。

18051104.jpg
「かわねいちしろ」駅

長島ダムができる前は「アプトいちしろ駅」ではなく「かわねいちしろ駅」だったんですね。
木々に覆われ最初はそれとわからず何気なく撮ったんですが、
しっかりと歴史が刻まれていました。なんだかノスタルジーを感じます。

新駅「アプトいちしろ駅」、
これまたのどかで・・・

18051105.jpg
これが駅舎

そうこうしているうちに電車が入ってきました。

18051107.jpg

線路中央にあるギザギザの歯車のようなもの、わかりますか?
これが急こう配を登り下りするための「アプト(ラック)式レール」です。

かつては軽井沢碓井峠でも走っていましたが、
現在、国内ではここ大井川鐡道の「アプトいちしろ~長島ダム」駅間しかありません。
しかも、ここアプトいちしろ駅でED90形アプト式電気機関車が連結されます。

鉄ちゃん的にはかなり貴重な路線!

連結時間に合わせて地元のかたが柏餅を売りにきていました。
急いで買って電車に乗り込みます。

18051108.jpg
さすが、GWとあってほぼ満席!

立ちながら柏餅をいただきます。
作りたてでまだあったかい。ウマ~♪

そうこうしているうちに私たちのキャンプ場が見えてきましたよ。
あった、あった、私たちのテント、飛ばされてない(笑)

18051110.jpg

右のトンネルはさっき私たちが歩いてきたところで、
「アプトいちしろ駅」に通じています。
もう一方は「長島ダム駅」に。

トンネルとトンネルをつないでいる場所(かつて線路だったところ)は、
いまはキャンプ場の管理棟と炊事場になっています。
すっごく新しいキャンプ場だけれど、こんな歴史が刻まれている・・・

管理人のおいじちゃんが「ぜひ、トンネル通ってアプト電車に乗ってね」
と言っていた意味が分かったような気がしました。

これだけでもじゅうぶん、目的を1つ果たしたような気になりますが
さぁ、これから夢の吊り橋にも勝るとも劣らない絶景を目指します!

18051109.jpg

車窓からは「世界の車窓から」でもおなじみの
オーストラリア・キュランダ鉄道のような景色が流れます。
(私は行ったことないけど、一緒に行ったお友達が「まさにそれ!」とうっとりしてました)
あのオープニングテーマが聞こえてきそう♪

そしてついに目的地奥大井湖上駅に到着。
その名の通り、湖の上に立つ駅です。
前述の長島ダム建設にともなって1990年に新設されました。
駅自体はちょっとした展望デッキがあるだけで、絶景以外は何もありません。ニクい!

愛を誓いながら約1時間後に来る電車を待つのもよし、
その必要がなければ(!?)こちらを渡って対岸へ行くもよし--

18051113.jpg
ここ、渡りますよ!

こんな体験も旅のいい思い出だね。
最後はびっくりするくらいの急な階段をのぼって(これは想定外・笑)、
約10分ほど歩いたところにバス停があります。

で、そこからの眺めがこれまた絶景!!
かの有名なインスタ映えスポットです。

18051112.jpg
湖上駅とレインボーブリッジ

わたくし、静岡県人ですが、
こんな素晴らしい場所があるなんて知りませんでした。
侮るなかれ、しぞーか!

そしてバスに乗って
フィナーレへ・・・

<つづく>









関連記事
Edit  |  21:51 |  ワンコとアウトドア  | Comment(1) | Top↑
 | HOME |