キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2013.07.25 (Thu)

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<エピローグ>

今回のキャンプでは、遠く離れたキャンプ場で偶然、お友達とバッタリ、
という嬉しい出来事がありました。
そして、最後に少し書きましたが、もう1つ、忘れられない「出会い」がありました。

***

初日、私たち大人が設営でバタバタやっているとき、
息子が虫網にたくさんのセミの抜け殻を入れて嬉しそうに帰って来ました。
虫が大好きだけど、じつは触れないムスコ。
近くにいた人が取ってくださったのだそうです。あら、申し訳ない・・・なんて思ったりして。

そしてその夜、「おかあさん、きてきて~!」と、無理矢理炊事場に引っ張られました。
行くと、ちょうどセミの羽化が始まっていたのです。

すると、「あ、昼間のボク!」と話しかけてきたご婦人がいらっしゃいました。
どうやら、この方が昼間、セミの抜けがらを取ってくださったようです。
そして、セミの羽化もこのご婦人が見つけて、
まわりにいるキャンパーや子どもたちに教えてくれたのです。

13072507.jpg

何時間もかけてゆっくり、ゆっくり、少しずつ、少しずつ・・・
それはそれは美しく、神秘的な光景でした。
初日にテント横でヨチヨチ歩きしていたセミの赤ちゃんも、こうやって羽化したのでしょう。
翌日には、元気なセミの鳴き声が場内に響き渡っていました。

いつの間にか、息子はそのご婦人とすっかり仲良しになっていて、
カッコーやホトトギスの鳴き声を教えてもらったり、
いろんな虫や植物を見せてもらっていたようです。

そして2日目の午後、
「おばちゃん、おせっかいだけど来ちゃった!虫が好きなボクにどうしても教えたくて!」
と、我が家のサイトにやってきたのです。
ちょうど、お友達とニジマスを焼いていた時のことでした。みんな、キョトンとしてたね・笑

「あのね、池の周りにヒメホタルっていう小さいホタルがいっぱい出るんだって!
夜の7時か8時くらい。昨日見た人がいるそうよ。まだ起きてたらボク、絶対見てね」

その夜、たぶん、私たちがなかなか帰ってこなくてヤキモキしたことでしょう。
私たちが帰るのを見計らっていたかのように、
「今ね、ちょうど池に行ってきたの。ホタル、たくさん飛んでいたわよ」と教えに来てくれました。
息子はそれはもう、いてもたってもいられず「行ってみる!」
申し訳なく思いつつ、もう一度ご婦人に案内していただいて、池のほとりに行くと・・・

いました!たくさんのホタル!!

天然のホタルがこんなにたくさん舞っているのは、息子はもちろんのこと、私も初めて見ました。
池のほとりの草むらで儚げにまたたくホタルたち。もう、感動と感謝の気持ちでいっぱい!
「いつか、ホタルキャンプしたいなぁ」と思っていた夢が、思いがけず叶いました。


偶然、同じ日程で同じキャンプ場を訪れていた私たち。

じつは最初お見かけしたときは、慣れない手つきで新品のアメドを張っているところでした。
子育てもひと段落して、ご夫婦でキャンプを始めたのかしら?なんて勝手に想像していました。
でもよくよく聞けば、バードウォッチングがご趣味で
このキャンプ場には何十年も前から通っていらっしゃっるそうです。

私たちにとっては自然いっぱいのキャンプ場ですが、
「ここもすっかりきれいになっちゃってね」とおっしゃっていたのが印象的でした。

なんだか、たのもしい大先輩!

そういえば、決してロケーションがいいとは言い難い炊事場近くの大きな木の下にアメドを張って、
いつも双眼鏡で上を見上げていました。
ときどきお手伝いで炊事場にやってくる子どもたちに話しかけたり、セミの羽化を教えたり。
今のキャンプにはいろんな楽しみ方・価値観があるけれど、
根っこの部分でいちばん大事なことを教えていただいたような気がします。

そんな大先輩の目に息子が留まったことも、親としてとっても嬉しかったです。
抜け殻が触れないくらい軟弱で、ゲームも大好きな現代っ子だけれど、自然や虫が大好きな息子。
そんな息子のことをちゃんと見ていてくれた人がいたなんて。

最後に、息子と二人でご挨拶にいきました。

「ありがとう、おばあちゃん」と息子(汗)
「あら、やっぱりボクにウソはつけないか~」とご婦人。
「またいつか、どこかのキャンプ場で会いましょうね」と、
さわやかな笑顔で、手を振ってくださいました。

「やりたいことリスト」にホタルとセミの羽化観察も加わって、
親子共々、本当に大充実の3日間でした。

素敵な出会いに感謝!



関連記事
Edit  |  17:31 |  ワンコとアウトドア  | Comment(6) | Top↑
2013.07.25 (Thu)

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<最終日編>

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<お友達とenjoy編>からの続きです。

13072501.jpg
二度寝するだワンzzz

明け方、雨音で一度目が覚めました。
次に起きたときには止んでいたけれど、テントには水滴がたくさん残っていました。
10時までに乾くかな~??


昨日はお友達とバイバイしてから、急いで「八峰の湯」へ行き、
近くのスーパーで買い出し、さらには花火を求めてコンビニをはしごして、
サイトに戻ってきたのは夜7時ごろ。
やっぱり、初日に全部買い出ししておけばよかった!次はハードクーラー購入だわ!!

大急ぎで夕飯を作って、ギリギリ9時前にBBQテラス前で花火をして、
またまた焚き火をして、22時ごろに就寝したのでした。
(花火、サイトでは禁止されてるのにたくさんの人がやってたなぁ・・・)


そういえば、持ってきたけどやってなかったね・・・ということで、

13072502.jpg
ばば抜き!

昨日はずっと同世代のお友達と遊んで、子どもは楽しいし、親も楽だったんだけど、
そういえば、我が子とあまり遊んでないかも!?って気付いて、早朝トランプ
(デジカメの日時をチェックしたら、6時2分でした。早っ^^;)

朝食の後には、息子と二人でアスレチックにも行きました。
これでホントに、「やりたいことリスト」は全部やり尽くしたネ!

13072503.jpg
昨日のカレー

朝食は昨日の残りのカレー。
そう、昨日の夜はバタバタしながらもカレーを作ったんです。
カレー、キャンプでは初めて作ったのですが、うーん、片づけがチトめんどうですた^^;


13072505.jpg

今日は10時チェックアウト。
早いけれど、のんびりしていると渋滞につかまっちゃうから、ちょうどいいかもね。
時間とともにだんだん日差しも出てきて、タープもテントもすっかり乾きました。
名残惜しいけれど、この景色ともさようならです。

10時をすこーし過ぎちゃったけれど、無事積み混み完了。
どうやら、すでに中央道は渋滞の模様・・・恐るべし、三連休。

13072506.jpg
帰り道にヤツレンでヨーグルトソフトクリーム。ジャージー牛乳も絶品!


***

いつも聞こえる小川のせせらぎが本当に心地よかったです。
白樺の焚き火は、紳士的な「おじさま」の香りがしたね。
虫がいっぱいだったけれど、普段見ることのできない姿もたくさん観察することができました。
思わぬお友達との出会い、それからもう1つ、世代を超えた素敵な出会いも・・・

ぜひ、また訪れたいキャンプ場ができました。
素敵な思い出と出会いに、心からありがとう。

<おしまい>

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


関連記事
Edit  |  16:22 |  ワンコとアウトドア  | Comment(2) | Top↑
2013.07.24 (Wed)

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<お友達とenjoy編>

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<夕げ編>からのつづきです。
もう少し続きますが、お付き合いください。

13072302.jpg

小川のせせらぎと小鳥のさえずりとりんちゃん○ッコの催促で目が覚めたのは、朝5時ごろ。
21時過ぎに就寝し、ぐっすり眠ることができました。
(ちなみに初Pista、暑くもなく、寒くもなく、結露もなく、快適でした。)

13072303.jpg
モーニングコーヒー&スープ

ちょっと早いけれど、息子も一緒にテントを出て、
あったかいコーヒーとスープをいただきました。(あ、どちらもインスタントね・笑)


13072305.jpg

朝食はスープとサラダ、それから焚き火を使ってパンとウィンナーを焼き焼き。
この手をかけないまったりさ加減が、キャンプの朝にはいいのよね~
耳を澄ませば、カッコーの鳴き声が森に響き渡ります。我が家にとっては世界一の朝食♪

13072304.jpg
いるかなー?

朝食後は、息子とダンナしゃんでカブトムシ&クワガタチェックへ。
カブトムシはいなかったけれど、クワガタのメスを捕まえてきました。
ついでに、お友達テントに立ち寄って、今日の予定と待ち合わせ時間を決めてきたようです。

昨日バッタリ出会ったお友達ファミリーは、パパ1人に娘さん2人の父子キャンパーさん。
これまで何度かグルキャンをしたことがあるので、子ども同士も仲良しです。
今回は、同じく父娘キャンパーのご友人と一緒にいらっしゃっていました。

今日は、キャンプ場で常時開催しているクラフト教室にみんなで参加することになりました。

13072306.jpg

クラフト体験は1作品500円(材料費込み)。
専属の先生がいて、アドバイスしてくれたり、必要に応じて材料を切ったりしてくれます。
「ここを真っ二つに」「こんな枝が欲しい」etc・・・子どもたちの無理難題にも応えてくれます。

2時間近く奮闘して、ようやく作品が完成しました。
同じ台座からスタートしているのに、みんなそれぞれ個性的。
「へぇ~こんなふうにくっつけたんだ!」と、むしろ大人のほうが感心したりして^^;

その後、ニジマス釣りも一緒に楽しみました。車で3分ほどの八千穂レイク<釣りっ子ランド>へ。
こちらは1竿・持ち帰り5匹まで・1500円だったかな?
釣れ過ぎず・釣れなさ過ぎず、ちょうどいい釣り加減(?)で楽しめました。

13072307.jpg
みんなでコッドやらイスやら食器やらを持ち寄って--

食べられる分だけ釣り上げて、うちのサイトでいっしょに焼くことになりました。
3人だけだったサイトが、いっきににぎやかに。嬉しいなぁ~!
さぁ、しょーたんおかーさんが焼きますよ~!
(そして、しょーたんおかーさんだけがプシュっと・・・^^;)

13072308.jpg
ダンナしゃんが上手に串打ちしてくれました

みんなで釣って、みんなで食べるニジマスは格別のお味!さばくのも自分たちデス
魚が苦手なムスコも一尾丸ごと食べちゃいました。

13072309.jpg
アタチにもあったワン♪

クラフトから釣りまでお付き合いしてくれたりんちゃんにも1尾おすそ分け。
大ごちそうだね~。がっついてますた!(お昼のカリカリフードはなしね)

13072310.jpg
森の中でひそひそ、こしょこしょ・・・

意気投合した子どもたちは、森の中で何やら遊んでいます。
一番年下のコは我が家のタープの下で気持ちよーくお昼寝中zzz
前に会ったときは、まだ1歳の誕生日を迎えたばかりだったのに、
いつの間にキャンプデビューしたんだ!? オバちゃんはビックリです。

はじめましてのお友達パパさんは、ちびまるこちゃんに出てくるたまちゃんのパパみたいで
(↑初対面なのに^^;すごくほのぼのとした雰囲気で、ずっと前から知り合いだったみたい・・・)
子どもにこっそり近づいたら、「撮っちゃダメー!」って言われてたね(笑)
決定的瞬間は撮れたかな?

13072311.jpg

BBQの後は小川で水遊びもして、川で冷やしたくずきりもいただいて、
"やりたいことリスト"を今日1日で全部やり尽くした子どもたち。
やっぱりキャンプ場では、子どもは子ども同士がいちばん楽しそう。
気付けば、すっかり日が暮れかけていました。

さぁて、温泉に行って、今晩の買い出しにも行かなくちゃ……
(花火のお約束もしたけれど、さすがにそれは無理だったねzzz)
「また、あした」と言ってお別れしました。

<つづく>

関連記事
Edit  |  15:16 |  ワンコとアウトドア  | Comment(4) | Top↑
2013.07.24 (Wed)

鎌倉花火大会♪

首都圏ではゲリラ豪雨、りんちゃん地方でもゴロゴロ雷、雨もぱらつき始めた昨日夕方、
ご近所のお友達を誘って、鎌倉花火大会に行ってきました。
雨が降り出していたのに、誰も止めようって言わなかったね・笑

こんな天気だったせいか、昨年に比べると人出は少なめ、
大人3人、子ども3人が座れる場所もすんなり確保できました。

13072301.jpg
鎌倉名物・水中花火

水面にゆらゆら反射する光、合い間に聞こえてくる波音、潮の香り……
波打ち際で見る花火は、何度見ても素敵です。
砂だらけになっちゃうのはご愛嬌ってことで。
(コールマンのかわいいストライプのレジャーシートを買ったばかりなんだけど、
いつもの100均レジャーシートにしときました・笑)

上空に煙が滞留したときには、たぶん、花火師さんが調整しているんだろうな、
花火の角度がすごーく斜め下になって(消防法とか大丈夫!?ってくらい)
目の前に向かってくるような迫力満点の水上花火! 水中・水上・上空と見応えありました。

幸い、途中でパラっと雨に降られた程度で、最後まで楽しめましたヨ。
来年もまたみんなで楽しめますように。



関連記事
Edit  |  11:56 |  スーさん家の日常  | Comment(2) | Top↑
2013.07.22 (Mon)

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<夕げ編>

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<到着編>からのつづきです。

13072201.jpg

夜はいつも通り、かんたん&おいしいBBQ♪
昼間地元スーパーで仕入れた食材は、意外にも東西南北、産地や種類が豊富で
豪華なBBQになりました。
日本海ののどぐろに北海道産のホタテ、お肉、ストーブでは地元しいたけのオリーブ煮、
そして、スー家では欠かせない真っ白いごはん!
お米好きのダンナしゃん&息子のために、飯ごうで炊きます。
最近の私のハヤリは魚の干物。隅っこの弱火ゾーンでじっくり焼きながら、ビールをいただくのが最高♪

13072202.jpg
なんだワン??

しょーたん作・お顔ごはんだそうです^^;
しょーたんの場合、お肉が好きなのか、焼肉のたれが好きなのか!?
ごはんにたっぷりたれをつけて、おかわりしてました。

食後は焚き火タイム。
まさか7月に焚き火ができるなんて!標高1000m overならではですね。
ダンナしゃんは、半袖しか持ってこなくてブルブル震えていたからちょうどよかったネ。
後でちょこっとお友達ファミリーも遊びに来てくれました。

13072204.jpg
そろそろテント行こうだワン。

13072203.jpg
あれがさそり座だよ~(ホント!?)

すっきりとはいかないまでも、星空が顔をのぞかせました。
当たってるんだかいないんだかわからない、ダンナしゃんの星空解説(笑)
りんちゃんも相当お疲れの様子です。

どこからか聞こえてくる笑い声、
絶えることなく響き渡る川のせせらぎ、
パチパチと火のこがハゼる音--

大自然に抱かれ、家族のおだやかな笑顔に包まれ
最高の夜がふけていきました。

13072205.jpg

<つづく>


関連記事
Edit  |  17:31 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2013.07.21 (Sun)

夏休みキャンプ@信州・駒出池キャンプ場<到着編>

夏休みキャンプ<プロローグ>からのつづきです。

今回利用したキャンプ場は、信州・八千穂高原の駒出池キャンプ場
知り合いから教えてもらって、「いつか行ってみたい」とチェックしていた場所なのですが、
我が家からは遠いので、行くとしたら2泊じゃないと無理だな~とずっと諦めていました。

それが今回、3日間のお休みが取れたこと、
幸か不幸か、予約不要のフリーサイトがあること、
さらには、りんちゃんでも過ごしやすい標高1285mにあること!

これらが決め手となりました。

受付で<大人1200円、子ども600円、駐車場代1500円>×2泊分を払って
さっそく、広い敷地を回って設営場所を決めます。
あ、ちなみにワンコについては「NG」と出ている情報誌もあるようですが、
「ペットは周りのお客様に迷惑をかけない様、飼主の責任で管理してください」
と、キャンプ場案内に書いてありました。ヨカッタね、りんちゃん!

フリーサイトは4エリアあって、それぞれ違った雰囲気が楽しめます。
共通しているのは、どこも芝生がとってもキレイだということ。
でも、口コミ通り、傾斜が多く、ココ!という場所がなかなか見つかりません。
焦っているうちに、ついに最後のエリア、
大人気の池周辺サイト(1号フリーサイト)まで来てしまいました。

さすがに、ここにはもう空きはないよな~
池のほとりも全部埋まっているし・・・と諦めかけていたら、
なんと、小川のほとりで池が望める場所が空いているではありませんか!
ついさっきまで、誰かが使っていたのかもしれません。
もちろん、ここに即決です。8時半だけでなく、チェックアウト(10時)直後も、狙い目なのかも。

13072002.jpg
抜群のロケーション♪

目の前が小川なので、視界が遮られません。
奥は林なので、プライベート感も高いです。
さらに横は岩が出ていたり傾斜していて、きっと誰も設営しなさそう。
川の音が気になるといえば気になるかもしれませんが、
これもまた、アウトドアならではの醍醐味だよね。

車がつけられないので、駐車場からえっちらおっちら荷物を運びました。ふぅ~
今回は、先日試し張りしたばかりのPistaにヘキサタープの組み合わせ。
タープ下は若干傾斜していますが、テントは平地に設営できました。
むしろ、この組み合わせでよかったのかも。
いつもの2ルームテントだと、そのぶん広い平地を探さなくちゃならなかったからね。

設営後、お昼がてら買い出しに出かけました。
山を下りたところに何軒かお店があるとのこと。キャンプ場で周辺ショップガイドをいただきました。

13072005.jpg
山菜そば@そば家

さすがは信州、「裏山で採って来ました」って感じの山菜がうれしい♪
買い出しは、ツルヤ佐久穂店で。山のものから海のものまで充実してました。
(ただ、キャンプ場からそんなに近いわけではないので、3日分買い出ししておけばよかったなー)

サイトに戻ってきて、今度はりんちゃんのお散歩がてら場内散策に。
しょーたん、すぐに小川in!

13072003.jpg
いや~な予感・・・

13072004.jpg

予感的中!

ドスンと尻もちついちゃいました。ま、でもいいか~。楽しそうだもんね。
しかも、ここで嬉しい(しょーたんにとってはハズカシイ!?)出来事が。
な、なんと、このキャンプ場を教えてくれた友人とバッタリ!!
お互い子連れなので、明日一緒に遊ぶ約束をしたことは言うまでもありません。

お着替えしてから、今度は林の中のアスレチック広場へGO!
子どもが遊ぶ場所にはホント困りません。
カブトムシ・クワガタの木のチェックも抜かりなく・・・

13072006.jpg
大人もいい運動になります!

13072007.jpg
りんちゃんもいい笑顔♪

そして、サイトに戻ってようやくあの瞬間が・・・

13072008.jpg

プハァ~! くぅぅぅー、サイコー!
おつまみは、家から持ってきたきゅうりの浅漬け。
こういうのがちょこっとあると、楽でいいです。

13072009.jpg
サイトにはかわいいお客サマ

羽化したばかりのセミがサイトでヨチヨチ歩き。(これは序章に過ぎませんでした)
そうそう、小さなクワガタも2匹発見しました。

13072010.jpg
いい風だワンね~

気付けば雨もすっかり上がって、少し肌寒いくらい。
これなら今晩は焚き火もできるね。
さーて、そろそろ火でも起こしましょうか。

<つづく>





関連記事
Edit  |  19:22 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2013.07.20 (Sat)

夏休みキャンプ<プロローグ>

気付いたら7月も半ば過ぎ。
小学校の夏休みは始まったばかりだけれど、
なぜか私は「夏が終わっちゃう~」とアセってばかり。
月刊誌の仕事をしていると、1か月があっという間に過ぎてしまいます。

そんな7月のある日、突如決まったスー家の夏休みキャンプ。

ダンナしゃんから「三連休取れたよー」とメールが来たのが、前日の夜。
何となく予感はしていたので、昼間に大きな荷物は積み込んでおきました。
で、ダンナしゃんは深夜12時過ぎにご帰還、私は深夜2時まで仕事、
翌日は5時起きの6時出発予定・・・

だ、だいじょうぶ!?

おそらく、前日にそんな経験をしているキャンパーさんも少なくないと思います。
でも、思い立ったときに行けるのがキャンプの良さでもありますよネ。
「あの瞬間」のために、ただひたすら頑張る(頑張れる)のです。
設営が終わって、お気に入りのチェアにふかーく体をあずけて、
大自然の中でプハァ~っとやる、あの瞬間をね(笑)

--と、前置きが長くなりました。

さすがに6時とはいきませんでしたが、気合いで6時半に鎌倉を出発、
2泊ということで、目指すは遠く信州です!

厚木ICから御殿場IC→東富士五湖自動車道→中央自動車道→須玉IC下車、
そこから60kmほど下道を行きます。
世界遺産登録の影響なのか、御殿場から東富士五湖に乗るまでの道は早朝から渋滞していました。
また、須玉を降りてからの一本道も意外と長く、キャンプ場に到着したのは11時半頃でした。

じつは、今回は予約不要のフリーサイト(初)
だから、直前でも行けたとも・・・

口コミでは、いいサイトは8時半の受け付け開始とともに埋まってしまって、
残っているサイトは傾斜しているところも多いとか。
ただ、これまで満サイトになったことはないというので、
この際、多少のロケーションには目をつむろうとダンナしゃんと覚悟(!?)を決めていました。

受付を済ませて、さーて設営場所を決めるぞ~と車に乗に込んだら、まさかの
でも、ここで足止めを食っているわけにはいきません。早く、3日間の寝床を決めなくては・・・!!





13072001.jpg

設営が終わった頃には、雨はすっかり上がっていました。

<つづく>



関連記事
Edit  |  15:29 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2013.07.19 (Fri)

月刊ダイバー最新号

13071801.jpg

頑張ったお仕事がカタチになりました。
今月の表紙はさかなクン。いやぁ~インパクトでかっ!

私は、今をときめく"リアルあまちゃん"こと、中川静香さんにインタビューさせていただきました。
TVなどではつけまバッチリのいまどきの女の子というイメージですが、
実際は、とってもまじめで真っ直ぐで頑張り屋さんの女子大生でした。
大学生だったころの自分に、爪の垢を煎じて飲ませたいくらい(汗)

ぜひ、書店で手にとってみて下さいね♪


関連記事
Edit  |  00:30 |  編集ライターのお仕事  | Comment(2) | Top↑
2013.07.10 (Wed)

Pista34試し張り@御殿場欅平ファミリーキャンプ場

13071001.jpg

Newテントの「ピスタ34」が届いた翌日、さっそく試し張りに行ってきました♪
いいお天気だったので、デイキャンをかねて御殿場の欅平ファミリーキャンプ場へ。
芝生のきれいなキャンプ場として、いつか行きたいな~とブックマークしていたところです。

13071002.jpg
世界遺産は少ーし雲隠れ

10時すぎに到着。
「この辺にどうぞ~」と、管理棟横の誰もいないサイトを案内していただきました。
思っていた通り、芝生がとーっても美しい!

余談ですが、こちらのキャンプ場、芝生だけでなくトイレも洗い場もとってもきれいに保たれていました。
オーナーさんがすごく大切にされているのが伝わってきて、こちらも自然と大切に利用しようという気持ちになります。
今度はぜひ泊まりで来たいです。


では、さっそく本日のミッション開始!
テントはスー母と息子だけで張ります。ダンナしゃんはタープを。

13071003.jpg

じゃーん!
あっという間に完成。
(スミマセン、途中経過ナシです)

昨日、ネットや取説で予習していたので、すんなり設営できました。
(ムスコは遊びに夢中で戦力外。ほとんどスー母ひとりで設営^^;)
のんびりやっていたので、30分くらいかかったけれど
慣れれば15分くらいでできるんじゃないかな?
フライシートの前後も、ベンチレーターや布の切り替え&ロゴで見分けやすかったです
あとは裾をペグ打ちして、張り縄をすれば完成(この日は割愛)。

ただ、キャノピーは手持ちのポールでは長すぎ・・・
グランドシートは手持ちのシートでは小さすぎ・・・
付属がプラペグなので、条件によっては替えが必要・・・
と、まぁ、小さな問題はありますが、設営も撤収も簡単で、サイズ的にも申し分ナシです。

唯一、「んん!?」って思ったのは、ポールの収納袋が短い?こと。
送られてきたときは当然すっぽり収まっていましたが、
しまってみると、どうしても飛び出てしまう・・・何かコツがあるのかな?

そうそう、この日はもう1つお試しグッズがありました。

13071004.jpg

手作りのフラッグガーラント。(写真では裏返っています^^;)

某TV番組でローラちゃんがオサレサイトを作っているのを見て、
ふつふつと創作意欲がわいて自作してみました。
いつものメインテント(薄緑色)に合わせてパステル調にしたのですが、

うーん、地味
ってか、なんか貧乏くさい!?

小川のテントにコールマンのウェザーマスターヘキサタープ、
こういうかわいいグッズは似合わないのかも・・・と思ったのでした。


13071005.jpg
お昼はBBQ

そうこうしているうちにお昼になったので、
ごはんをたいて、お肉や干物、とうもろこしを焼きました。
網の上に皮つきのままのせただけのとうもろこし、お醤油を忘れてしまったのですが、
むしろ、お醤油不要! あまくて、メチャうまでした。

13071006.jpg
場内の手作りぶらんこ

13071007.jpg
えへへ(とうもろこしを狙い中)

ほとんど誰もいなくなった日曜日のキャンプ場、
にぎやかなのもいいですが、静かでプライベート感いっぱい、
日曜日のデイキャン、いいかも♪

13071008.jpg
夕方は一転、霧が立ち込めてきました


これまでツールームテントでお座敷仕様、キャノピーでなんちゃってタープな我が家。
それはそれで気に入っていますが、暑い夏はタープもいいですね。
パタパタとはためく布の音、ふわっと吹き抜ける風、時間とともに日差しが移動してあわてたり・・・
自然の中でアウトドアしてる!って実感します。

NEWテントデビューはお盆の予定。
タープ&テントでの新しいキャンプスタイル、今から待ち遠しいです。


<おまけ>

御殿場ということで山崎精肉店でこちらを購入。

13071009.jpg
金華豚のハム

13071010.jpg
いただきます♪

おいしかったけれど、二度と買えないであろう^^;


関連記事
Edit  |  12:20 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2013.07.08 (Mon)

テント沼にハマる。

今年の夏はダンナしゃんの仕事が忙しいらしく、なかなかキャンプに行けない予感。
でも、仲良しのお友達が続々とアウトドアデビューしていて、一緒にキャンプに行きたい!

ということで・・・

ダンナしゃんには大変申し訳ないですが、母子キャンプを想定して、
設営が簡単&軽い&シンプルなテントを購入することにしました。

条件としては

・設営がラクなドームテント
・軽い(スー母ひとりで運搬できる)
・母子といいつつ、いざというときにはダンナしゃんも一緒に寝られる広さ(大人2人+子ども1人+ワンコ1頭)
・あくまでもサブテントなので、1~2万円程度のりーずなぼーなテント
・できれば人とカブらないcoolなテント

ちなみに、今我が家が持っているのはロゴスのツールームテント
これはとてもじゃないですが、私一人での運搬&設営は不可能です。


すぐ見つかるかな~とタカをくくっていたのですが、
なかなか条件に合うテントってないんですね。
ソロや5人くらいのファミリー用は充実しているのですが、3人用って意外と少ないような・・・。

あと、インナーテントがメッシュだったり、雨天時に不安があったり。
メッシュだと春とか秋は寒いよなぁ・・。それにウチ、結構雨に降られてるし。

他人とカブらないという点で、日本未発売の海外テントも候補に挙がったのですが、
気候が違うせいか仕様が合わず・・・。とくに耐水圧は要チェックです。500(←小雨まで!)ないものも。
雨や湿気を耐え忍んでキャンプしてるのって日本人くらい!?

また、最近はやりのモノポールテントにも憧れがあったのですが、自立しないってどうなのかな?
ペグ打ちが多くて大変? 居住性を考えると、ある程度のサイズが必要? と、わからないことだらけ。

さらにさらに、眠っていた商品券を使うこと前提で、高嶺の花ともいうべき存在、
スノピのアメニティドームSも候補に挙がったのですが(近くの百貨店にShopが入ってる)
ガタイのいいダンナしゃんが一緒では狭いし、かといってMでは大きすぎる&長すぎるし・・・
(スノピのHPにアメドSは大人2人+子ども1人の想定とあったので、一度問い合わせたら、あっけなくMを勧められますた)

まさにテント沼にどっぷりつかる日々。

そしてついに決断の時--

14070801.jpg
まさか、これをポチっただワン?

ハイ、コレをポチりました。
思いっきり、予算オーバー(笑)
でも、それ以外の条件はまさにドンピシャなのですよ~

いや、スー母は最後まで予算内のテント(コレ)と迷ったんですが、
これからも長ーく続くアウトドアライフを想定して
ダンナしゃんが「こっちがいいんじゃない?」と。(←言い訳がましい!?)
それでもかなりの値引き率でした。いいのさ、商品券をなんとか活用するのさ!

・重さは約5.9kg
・インナーテントは210×210cm、高さも低すぎず高過ぎずの135㎝
・インナーテントが吊り下げ式なので、立ち上げや設営がラクそう
・前後2面がメッシュにもなるし閉じることもできる(出入り口も2か所)
・そこそこ物が置ける前室
・人とカブらなさそう
・なんといっても信頼の「職人品質」(と、パッケージに書いてありました^^;)

14070802.jpg


サイズ的には、りんちゃんの開きと同じくらい(笑)

テント選びは、予算はもちろんのこと、その家のアウトドアスタイルや
ポリシーみたいなものも多分に影響するので、
客観的にどれがいい・悪いというのはなかなか難しいと思います。
実際に使ってみないとわからないことも多いし、
数あるテントを実際に使って比較することも難しいので、
最終的には自分たちが満足すれば、「=いいテント」となるのだと思います。きわめて主観的ですな。

はてさて、このテントは我が家にとって「いいテント」か否か!?
テントが届いた翌日、さっそく試し張りに行ってきました(その様子はまた次回)。

なにはともあれ、今年の夏、初の母子キャンプが楽しみです♪
(ダンナしゃんも一緒だったりして!?笑)

関連記事
Edit  |  22:34 |  ワンコとアウトドア  | Comment(4) | Top↑
 | HOME |  NEXT