キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2017.01.24 (Tue)

長谷寺へ ~2度目の七福神めぐり

17012404.jpg

先日、鎌倉長谷寺に初詣に行ってきました。
初詣といえば神社が一般的ですが、我が家は毎年ここが定番になっています。
(鶴岡八幡宮にも行ったけどね^^;)

17012401.jpg

蝋梅、白梅、紅梅・・・
「開花時期・・・2~3月」と書かれていましたが、
今年はすでに梅が満開。ホント、地球おかしいです。

長谷寺で決まってお参りするのは、動物愛護の神様、お酒の神様^^;
そしてもう1つ、空に旅立った命にずっと手を合わせてきました。
気づけば、10年と少し・・・
今年で区切りをつけることにしました。
10年ひと昔とはよく言ったもので、自然とそんな気持ちになれました。

17012403.jpg
ふれ愛観音のお地蔵さま

今まで何度も足を運んでいた長谷寺で、
今回初めて見つけた小さな小さなお地蔵さま。カワイイ♪

そして--

17012402.jpg

2度目の「鎌倉七福神めぐり」を始めることにしました!
前回は7年前のこと。(コチラ
可能な限り、りんちゃんと一緒に参拝していましたが、
今回はムリそうだなぁ~
毎日気持ちよさそうに寝てるのを起こすのもかわいそうだしね^^;

前回は巡り終わったときにカーロの無料宿泊券が当たったんだよネ。
今回もきっといいことあります!!!
りんちゃんの分もちゃんとお祈りしてくるからネ!

17012405.jpg

Edit  |  10:48 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(2) | Top↑
2010.04.23 (Fri)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<毘沙門天@宝戒寺>

10042305.jpg

七福神巡り<妙降寺>からの続きです。

鎌倉らしい細い路地を抜けていくと、よく見慣れたT字路に出ました。
白萩が咲き乱れることで「萩寺」として知られる宝戒寺に到着!いよいよ最後のお寺です。

ちなみに萩の見ごろは秋ですが、今の季節も美しい草木で彩られていて
のんびり散策するにもいいカンジでした。
ただし、ワンコは抱っこになります。

10042306.jpg
ここでも桜♪

10042307.jpg
ん!?

スミマセン、ちょっと遊んじゃいました。
こちらは水鉢に映ったツバキなんですが、写真は天地逆にアップしてます。
水鉢に映った青い空と真っ赤なツバキのコントラストがとっても美しくて
しばらくこの水鉢に張り付いて写真撮っていました(笑)

さてさて、いつまでもダンナしゃんにりんちゃんを抱っこしてもらってるワケにもいかないので
急いで本堂の七福神・毘沙門天のお参りに。
こちらは靴を脱いで本殿に上がります。毘沙門様は向かって左側にいらっしゃいました。

昔から「毘沙門」という響きがとっても気になっていたのですが
これはインドの神様「ヴァイシュラヴァナ」(サンスクリット語)が語源となっているそうです。
ヴァイは「広く・多く」、シュラヴァナは「聞く」の意味で、「多聞天」とも呼ばれているんだとか。
武装した怖い表情が印象的ですが、きっと強くて懐の広い神様なんでしょうね。

10042308.jpg
(右上)

<memo>
・拝観料:百円
・ご朱印代:三百円

***

お正月からスタートした七福神巡りもついにフィニッシュ!
りんちゃんと一緒に、ときにはじぃじ・ばぁばと一緒に回ることができ、
1つ1つの神様それぞれに楽しい思い出がいっぱいです。

これでご利益があればなおよし!
・・・はちょっと欲張り過ぎか^^;

でも実は今回鎌倉を回っている中で、嬉しい出来事が2つもありました。
1つめは妙隆寺に向かうときのこと。
狭い路地で道に迷っていたら、たまたま玄関に出てきたおばさまが
「どこに行きたいの?」と声を掛けてくださいました。
その自然な振る舞いといったら、まさに「鎌倉マダム」でしたヨ。

もう1つは宝戒寺の後、小町通りの裏を歩いていた時のこと。
しょーたんが「チッチ」になってしまったのですが、なかなかトイレが見つからない!
「出ちゃう~」と絶叫していたときに、やはり地元の方が声を掛けてくださいました。
「私についていらっしゃい。案内してあげるわ」と。

10042309.jpg
ここどこ?


案内されたのは鶴岡会館のパウダールームでした。
(初めて入ったけど、こんな風になっていたのね~)
あやうくパンツをぬらしてしまう寸前で助かりました。

「これもきっと七福神のご利益だね」
と、清々しい気持ちで家に帰りました。

10042310.jpg
ご朱印は玄関に。

ご朱印の色紙はフレームに入れて玄関に飾ってあります。
たーくさんの福がお家に入ってくるようにネ♪

そして、時を同じくして大きな福が我が家に舞い込みました。
な、なんと・・・

10042311.jpg

カーロから無料宿泊券が届きました。
先月応募していた「ブログキャンペーン」に当選したのです!!
今ならカーロトップページの「新着ニュース」に掲載されています♪
りんちゃん、また一緒に旅行に行けるね!初夏の軽井沢なら過ごしやすいかな!?

さらに最近、もう1つ嬉しいことがあったのですが、それはまた改めて。
神様のお陰と思えばそうだし、そうでないと思えばそうではないし、
要は気持ちの持ち方だけなのかもしれません。
でも、できれば後ろ向きよりは前向きでいる(いられる)方がいいですよネ。

みなさんもぜひ七福神巡り、いかが?

10042312.jpg



powered by 地図Z


1.浄智寺(布袋尊)
2.鶴岡八幡宮(旗上弁財天)
  宝戒寺(毘沙門天)
3.妙隆寺(寿老尊)
  本覚寺(夷天)
4.長谷寺(大黒天)
  御霊神社(福禄寿)
5.江島神社(弁財天)

*数字はマップに対応、リンクはスー家が巡った日記に対応しています。
*江島神社の弁財天も入れて全部で8つあることから「八福神」とも言われています。

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。
Edit  |  23:36 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(2) | Top↑
2010.04.23 (Fri)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<寿老尊@妙隆寺>

ちょっと間が空いてしまいましたが、この前の七福神巡りの続きです。
本覚寺を参拝した後は、そこからほど近い妙隆寺へ。

10042301.jpg

こんな裏道にこんなお寺があったんだ~
ひっそりとしてこじんまりした佇まいでしたが、
参道の桜が誇らしげに咲き誇っていました。

10042302.jpg
寿老尊はこの中に

上の祠の中に、七福神のひとりである寿老尊がいらっしゃいました。
この寿老尊、「酒を好み頭が長く、白髪で赤い顔をした長寿の神」
とされているそうです。酒好きってところが親近感(笑)
残念ながら、木彫りなので酔っ払っていたかどうかは不明でしたが^^;

10042303.jpg
こちらは境内に奉られていた寿老尊

写真を見るとわかりますが、この神様、何やら動物を従えています。
長寿と自然との調和のシンボル、鹿なんだそう。
ワンコではないけれど、これまた親近感が湧きましたヨ。

一日で3つ巡るとなるとかなり早足になりますが
ご朱印をいただいた後は、いよいよ最後の神様が待つ宝戒寺へ--

10042304.jpg
(左下)

<memo>
・拝観無料
・ご朱印代:三百円

Edit  |  12:37 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(2) | Top↑
2010.04.17 (Sat)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<えびす天@本覚寺>

10041601.jpg
段葛の桜だワン♪(4/3撮影)

ちょうど桜が満開を迎えた4月初旬の週末、混雑覚悟で鎌倉にお出かけしてきました。
年明けからチマチマと巡ってきた七福神も残すところあと3つ。
すべて鎌倉駅周辺に集まっているので、一日で一気に巡ってきました!

まずは腹ごしらえから^^;
しかし桜満開の週末KAMAKURAはそんなに甘くなかった。

10041602.jpg
無情にも売り切れの看板@谷口屋

谷口屋でおにぎりを買って、お寺の境内で食べようと目論んでいたのですが
無情にも売り切れの看板が・・・といっても、すでに2時なんですけどね(汗)
気を取り直して、いつか行ってみたいと思っていた近くのカフェへ行ってみることに。

10041603.jpg

「cafe 4ha」さんです。4haと書いてヨツハと読みます。
妙本寺参道にあるカフェで、残念ながら店内はワンコNGですが、
予想通り、女子なら絶対好きになっちゃうかわいらしい雰囲気のお店でした。

10041605.jpg
お店の前には足踏みミシンのオブジェ

置いてあるものすべてがとってもかわいらしくて女子好み♪
入口の足踏みミシンの横で写真を撮ろうと思ったのですが、
なぜかりんちゃんが落ち着かない。ナーゼー!?

10041606.jpg

理由はカンタン。
焼き菓子のサンプル狙いでした(やっぱり女子好み・笑)
で、その焼き菓子をテイクアウトしてお店の前でいただきました。

10041604.jpg

お腹が空いていたのを差し引いてもおいしかった~
今度はぜひゆっくりランチしたいと思う素敵カフェでした。

***

前置きが長くなりましたが(コホン)
その後、本日の目的地である本覚寺へと向かいました。

10041607.jpg

何度もお寺の前を通っていながら、参拝するのは初めてです。
境内は地元ワンコのちょっとしたお散歩コースの一部になっているようで
たくさんのワン連れも見かけました。

こちらには商売繁盛の神様(漁業の神様、外来の神様としても知られる)
えびす様が奉られています。

10041608.jpg
この御堂にいるワン♪

お堂の奥に小さく黒光りするえびす様が奉られていましたヨ。
いつも思うのですが、実際に目にするご神体は想像よりずっと小柄です。

そうそう、お堂の前にはドラがかかっていて、しょーたんが興味津々で触ったら大きな音が!
あわてて制したのですが、このドラ、耳の遠いえびす様に聞こえるようにとの言い伝えがあるんだとか。
後で知りました。前もって知っていたら叱り方もまた違ったんだろうなぁ・・・

こうして無事ご朱印をいただき参拝を終えました。

その後、息子の「お腹空いた~!」コールに押されて
以前も訪れたことのあるワンコ店内OKの「bowls」さんへ。

実はダンナしゃんには内緒でこの2日前にもbowlsへ来ていたので
ホントは別のお店に行きたかったんだけどなぁ~。言えなかった^^;

10041609.jpg

お店の前には列ができていたのですが、思っていたより早く案内されました。
オーダーすると1~2分でお料理が運ばれてくるせいか、案外回転がよいです。
ダンナしゃんは三崎のマグロ丼(2日前に私も食べたけど美味しかったよ~!)
私は鎌倉野菜たっぷりの肉みそ丼(2日前にお友達が食べてて美味しそうだったので^^:)

10041611.jpg
落下待ちだワン。

休日価格ではありましたが、貴重なワンコ店内OKのお店です。
どんぶりもヘルシーでおいしいかったですヨ。ごちそうさまでした。
さて、日が傾く前に次の神様のところに行くとしましょうかね。


10041610.jpg
(左上)

<memo>
・ご朱印代:三百円
Edit  |  02:56 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(4) | Top↑
2010.03.24 (Wed)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<旗上弁財天@鶴岡八幡宮>

10032401.jpg
3月14日の大銀杏

先日、御神木が倒伏した鶴岡八幡宮に足を運んできました。
新しい観光スポットのごとく大混雑でしたが、私たちもご多分にもれず・・・^^;

このときはちょうど、倒れた木を2つに切って再生させる準備をしていたところで、
クレーン下のシートの向こうには、下半分と思われる大銀杏が横たわっていました。
御神木も神様なので、すべてはベールに包まれて作業は行われます。

青い空がいつも以上に広く感じたのは私だけではなかったと思います。

10032402.jpg
今年のお正月に撮影した大銀杏

地元では「そろそろ寿命かも・・・」という話はしばしば耳にしており、
お正月に見たときは、なんだか精気がないように感じたのを覚えています。
明け方の人気のない時に倒れるあたりは不幸中の幸いというか、ちょっと神がかっていますね。

この御神木、今はシートも外され再生に向けて頑張っています。(コチラ
ただ、新聞などでは再生可能とうたっていましたが、どうやらそんなに簡単ではなさそう。
今後の経過をあたたかく見守っていきたいです。

***

さて、今日は倒伏した大銀杏をただ見物しに来たわけじゃありませんヨ。
どちらが「ついで」かはビミョですが、本日の目的はコチラ。

10032403.jpg

ハイ、3月に入ってもまだまだ続いています、七福神巡り。

今回は鶴岡八幡宮の旗上弁財天です。
実は何度もここを訪れていながら、どこに弁財天があるのか知りませんでした(汗)
弁財天様は入口そばの源氏池の中の島にいらっしゃいました。

ちなみに正月三が日は「ペット入山禁止」とあった八幡宮ですが
この日はそういう張り紙はなく、「神殿への参拝禁止」とありました。


10032404.jpg
青い空に白い鳩

言い伝えでは、源頼朝の旗上げに家運長久の守護神として弁財天が現れたんだとか。
さっそくお参りをして、ご朱印をいただきに向かいました。

10032405.jpg

どのご朱印も達筆だと感心させられるのですが、
さすがは鶴岡八幡宮、とても力強いご朱印でしたヨ。
こうして5つ目の参拝を無事終えました。

10032406.jpg
結婚式に向かう新郎新婦

この日はお日柄がよかったのか、お宮参りの赤ちゃんをあちこちで目にしました。
また、参道ではこれから挙式に向かう新郎新婦の姿も。
道行く人から「おめでとう」と祝福されていて、なんだか私までウルっときてしまいましたヨ。
いつかここで結婚式するのが夢のえーこ、早く夢がかなうといいね!

御神木は倒れども、人々の幸せを願う気持ちは変わることなく続いているんだなぁ・・・。
再生は難しいと言われていますが、このパワーをエネルギーに変えて
奇跡が起こることを信じたいと思った瞬間でした。

10032407.jpg
(右すみ)

<memo>
ご朱印代:三百円


Edit  |  22:27 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(2) | Top↑
2010.02.24 (Wed)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<福禄寿@御霊神社>

10022502.jpg

先日、梅咲きほこる御霊神社へ七福神詣でにいってきました。
本来なら1月中に巡るべきものなのでしょうが、なんだかもったいなくって^^;
今回は息子の誕生日に合わせて鎌倉にやってきた祖父母と一緒に。
御利益ある七福神巡り、せっかくなら自分たちだけでなくみんなで楽しみたいしネ。

10022501.jpg

七福神の一人である福禄寿はこの蔵の中にいらっしゃいました。
こちらの神様、実はあまりなじみがなかったのですが何とも個性的なお顔!
そして今までの神様とは違って、御霊神社の福禄寿は「面掛行列」で使われる掛け面でした。

10022503.jpg
江ノ電に夢中な息子と静岡ばぁば

境内では河津桜もほころび始めていました。
いつ来ても心が落ち着く神社です。

10022504.jpg
上中央

福禄寿とは、子孫・財産・長寿を具現化した神様なんだとか。
財産はともかくとして、結婚10年目にして子どもに恵まれ
その子どもの誕生日を祖父母と共に祝うことができることに改めて感謝しました。


<memo>
七福神参拝料:三百円
ご朱印代:三百円


Edit  |  23:53 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(2) | Top↑
2010.02.04 (Thu)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<大黒天@長谷寺>

10020401.jpg

「ペットの入山はできません」
の張り紙が貼られている長谷寺に昨日行ってきました。
(もちろん、りんちゃんはお留守番)

折りしも、2月3日の節分。
豆まきには時の人の親方が来るとあって、TVカメラがずらーり。

10020402.jpg

今年は5万人の人出で入場規制もかかったという長谷寺節分会、
境内は異様な熱気に包まれていました。
みなさん、ずいぶん前から大きな紙袋持参で場所取りしているようです。

実は本日の目的は節分会ではなく、七福神巡り。
長谷寺には七福神の一人である出世開運の神 大黒天がまつられています。
ま、でもせっかくなので「鬼は外、福は内」もしておきましょうね。

豆まきが始まる前に境内を散策。
節分と言えば、その葉っぱの形が邪気を払うと言われているヒイラギですが・・・

10020403.jpg
かわいい黄色のお花が満開

こちらは「柊南天(ヒイラギナンテン)」という南天の一種だそうです。
トゲトゲの葉っぱとは対照的に可憐でかわいいお花が咲き乱れていて、思わずパチリ。
今の今まで、てっきり柊だと思っていました^^;

10020404.jpg
梅も満開

梅もすでに満開に近いカンジ。
そうそう、河津桜もちらほら開花していました。

10020405.jpg
福は内・・!?

ほとんど傍観状態だった豆まきですが、
思わぬところで福豆ゲットしました。これも大黒様のお導き・・・!?
2月になってしまいましたが、我が家の七福神巡りはまだまだ続きます。

10020406.jpg
(右中央)


<memo>
拝観料(入山料):三百円
ご朱印代:三百円




Edit  |  21:15 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Top↑
2010.01.17 (Sun)

七福神巡り<布袋尊@浄智寺>

七福神巡り、またまた行ってきました。
今回は北鎌倉の浄智寺でお待ちしている布袋尊のもとへ!

北鎌倉までは我が家から「葛原岡ハイキングコース」を経て、all徒歩で行くことができます。
といっても、所要時間は軽く1時間超え、
しかも北鎌倉から家に帰るには、来た道を引き返すしかないのですが・・・

10011701.jpg
葛原岡神社到着だワン♪

まぁ、帰り道のことはあまり深く考えず、
とにかく布袋様を目指して出発です。でもその前に・・・

10011702.jpg
ちょーだいだワン♪

いつぞやも買った「おいしいせんべい」を神社で1枚購入(笑)
いよいよ、浄智寺へ向かいます。

10011703.jpg

実はここからがサバイバル。
観光地のクセして、かなりアップダウンの激しいハイキングコースが待ち受けているのです。
ここを歩くのが初めてのしょーたん、大丈夫かな~!?

10011704.jpg
最大の難所!

写真じゃわかりずらいけれど、ココ、最大のナンショ。
落差1m以上はある、ほぼ垂直の崖が待ちかまえています。
でもね、久しぶりに歩いたら迂回路ができていました。
それでも、わざわざ険しい道を選択した私たち(笑)

10011705.jpg
photo by ダンナしゃん

思わずフラつくダンナしゃん、天然効果のきいた写真の出来上がり~。
意外と慎重派のムスコは、ちょっと段差のきついところはお尻をついて。
それでも、「やまみち、たのしー!」と喜んで歩いてくれました。
あ、りんちゃんはぴょんと軽々歩いていましたヨ。

※ワンによっては(飼い主も)足腰に負担がかかるので、ご注意くださいね。


10011706.jpg
りんも入っていいだワン?

そして葛原岡神社から歩くこと約40分、目的地の浄智寺に到着しました。
このお寺、鎌倉五山に入る由緒正しきお寺なので、今までずっとワンNGだと思っていたのですが、
受付で聞いてみたら、「他の参拝客に迷惑がかからなければ、普通に入っていいですよ」
とおっしゃってくださいました。さすがは円満の神様、布袋様のお導き!?

10011707.jpg
おいすぃーだワン!

本殿をお参りした後は、いよいよ布袋様のもとへ。
さーて、どこにいらっしゃるのかな?

10011708.jpg

布袋様って「The God of happiness」っていうのね~
なんて感心しながらトンネルを抜けると・・・

10011709.jpg
いました!

洞窟にたたずんでいらっしゃいました。
穴の中なのに、なぜか布袋様のところにだけ光が差し込んでいて
とっても優しい雰囲気に包まれていました。

10011710.jpg

しょ「パパのおなかみたい」
りん「そうだワンね」

と言っているかどうかは定かではありませんが(笑)
布袋様のシンボルでもあるふくよかなお腹は、たくさんの人に撫でられて
黒くピカピカに光っていました。

ちなみに布袋様の持っている袋は「堪忍袋」と言われ、度量の大きさを表すとも言われていますが
ここ浄智寺の布袋様、堪忍袋はお持ちでないようです。
きっと、この大きなお腹の中に必要なものをすべて蓄えているのでしょうね。
いーっぱい、ナデナデしてきましたヨ!

布袋様の堪忍袋の緒が切れないよう、
2010年は円満な世の中でありますように・・・

10011711.jpg

北鎌倉から、頑張って鎌倉駅まで歩きました。
もうみんなお腹ペコペコで、小町通りでたこ焼きを買って競うように食べました。
りんちゃんの堪忍袋の緒はいまにも切れそうだったけどね。

10011712.jpg

無事、布袋尊の御朱印もいただき、帰りは鎌倉駅からタクりました^^;
約2時間の散策、お疲れ様でした。

<memo>
浄智寺拝観料:200円
(布袋尊の拝観も含む)
Edit  |  23:20 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(8) | Top↑
2010.01.11 (Mon)

2010年鎌倉江ノ島七福神巡り<弁財天@江島神社>

10011101.jpg

三連休初日、ワンコにやさしい江ノ島に行ってきました。

お正月明けすぐの連休とあって、島内はたくさんの人で賑わっていて、駐車場もいっぱい・・・
何も知らずに一番手前の駐車場に並んでる県外ナンバーの車列を横目に、
その先のいつも停める藤沢市営の駐車場にスイスイっと駐車して、さぁ出発!

いつも来る江ノ島だけど、今日はちょっと違う江ノ島に出会えるかな!?
というのも・・・

10011102.jpg

今回の江ノ島目的はズバリ、七福神巡り!
ダンナしゃん@後厄の提案で、鎌倉七福神を巡ろうということになったのです。
7つの神様が祭られている神社仏閣を参拝しながら、色紙に御朱印をいただきます。

<memo>
鎌倉七福神なのに、なぜ江ノ島?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は湘南には二人の弁天様がいらっしゃるのです。
一人は鶴岡八幡宮の弁天様、そしてもう一人が、日本三大弁財天の1つである江島神社の弁天様。
なので、実際は八福神を巡ります。


10011103.jpg

10011104.jpg

まずはお参りから。

ひとくちに江島神社といっても、三人姉妹の女神様が祭られていて大きな社殿だけでも3つ、
さらには龍宮大神などの末社、それからもちろん弁財天もあり、
お賽銭を投げるところは盛りだくさん(笑)

今回は弁財天の化身と言い伝えられている龍の神様に、銭洗いしてお参りしました。
(池の真ん中にお賽銭箱が置かれています。みんな池ポチャだったけど・汗)

無事、弁財天の御朱印をいただいた後は、島内散策へ。
今回はエスカーを使わず、りんちゃんもしょーたんも徒歩で歩きました。
そして、第二の目的地(←一応ね・笑)に到着!

10011105.jpg

見晴らしのいい「魚見亭」さんは、ワンコ店内OKの昔ながらの食堂屋さん。
他にもワンコOKのお店はあるのですが、この眺望の良さに
ついつい毎回こちらに足を運んでしまいます。

10011106.jpg

いただいたのは昭和チックなオムライスとかつ丼。
お腹が空いていたので、子どもと奪い合うようにあっという間に完食です。
ワンコにはお水のサービスがありました。

今日はこんなところにも行ってみましたよ。
(実は何度も江ノ島を訪れていながら、足を踏み入れるのは初めて)

10011107.jpg

すれ違うのはカップルばかり(笑)
いわゆる「恋人の丘」で鐘をならす、アレです。
ま、しょーたんがいなければ、りんちゃん的には恋人同士なんだけどネ。

そうそう、予断ですが「江ノ島を訪れると、そのカップルは別れる」という伝説がありますが、
一説によると、嫉妬深い弁財天の仕業なんだとか(弁財天は女の神様)。

10011108.jpg

日本全国の恋人の丘にもれなくぶら下がっている鍵もたーくさん!
中にはかわいくデコレーションしてある鍵もあって、
これじゃ弁財天も手出しができそうにないカナ。

10011113.jpg
恋人の丘で見つけた・・・桜(?)

帰り道、海に通じる小さな路地を発見!
抜けると、そこには箱庭のような海岸が広がっていました。

10011110.jpg

水も透明で、とっても気持ち良かったです。これも水にゆかりのある弁財天のご利益かな?
りんちゃんはヘッピリ腰だったけどね・笑

10011109.jpg
みたらし団子を買ったり・・・

10011111.jpg
弁財天ということで、宝くじを衝動買いしたり・・・


「なんとなく」から始まった七福神巡り。

神様のことも、御朱印のいただき方も、参拝の仕方もまるで知らない初心者だけれど、
なんとなく楽しくて、なんとなくご利益がありそうで・・・
こうやって帰ってきてから、その神社のことや歴史を調べるのも案外楽しかったりします。

何よりも、家族揃って健康的に楽しめるのがいいしネ。
一日で全部回ることもできるけれど、少しずつお参りしていこうと思います。

10011112.jpg
初・朱印

<memo>
色紙:千円、ご朱印(一回):三百円
弁財天拝観料:百五十円

Edit  |  22:09 |  鎌倉江ノ島七福神巡り  | Comment(8) | Top↑
 | HOME |