FC2ブログ
キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2018.05.26 (Sat)

夢の吊り橋目指してGWキャンプ<最終日編>

めっちゃひっぱってますが、ようやく最終日まできました!
何?いつのこと?どこ行ったっけ?っていうかたはコチラから~


最終日の朝ごはんです。

18051121.jpg
棒巻きパン

18051122.jpg
サムゲタン(前日の残りもの)

棒巻きパンは家で生地を作って冷凍したものを持ってきました。
残念ながら火力不足&ムラ焼けで失敗・・・
魚の塩焼き方式で、立てたほうがいいかも。
次回への課題です。

サムゲタンはダンナしゃんが作ってくれました。
2日目より今朝のほうがダシがよく出ていておいしかった!

お友だちファミリーもいろんなものを作ってくれました。
いつもなら疲れて痩せて帰るのですが、
今回は来た時よりお腹パンパンかも^^;

一息ついたら片付けです。
ワンズたちは椅子の上でマッタリzzz
うらやましい(笑)

18051123.jpg
りんちゃん

18051124.jpg
マウくん

起こしちゃってゴメン!
ワンコの手も借りたいくらい(笑)


最後に子どもたちのリクエストで、もう一度しぶき橋に行きました。
今度はりんちゃんも一緒に♪

18051125.jpg
あれ!?

18051126.jpg
ヤラされ感たっぷり!?

いつもへっぴり腰になるのに
りんちゃん的にこの橋はあまり怖くなかったみたい。

最終日は千頭まで吊り橋めぐりをすることになりました。
夢の吊り橋が有名ですが、他にもたくさんの吊り橋がかかっているんですヨ。

18051128.jpg 18051129.jpg
こちらは小さな生活吊り橋たち

18051127.jpg
渡っていたらちょうどアプト電車が通過!

大井川にかかる最大の吊り橋は渡りそびれました。(塩郷の吊り橋)
てか、ムリムリ!!全長220mだって!!
90mの夢の吊り橋でさえへっぴり腰だったんだから、
渡るのに半日くらいかかりそう(笑)

そして最後は千頭でSLを見て2泊3日のキャンプは終了しました。
そのころのぼりの高速はGWの帰省ラッシュに重なって、沼津から断続渋滞。トホホ・・・
我が家は急きょ、しぞーかの実家に立ち寄ることにしました。

18051130.jpg 18051131.jpg
SL。転回台も見学できました。実家ではワンコとにゃんこの静かな闘いが・・!?


今回はキャンプというより、旅行みたいだったな~。
2泊だと時間的に余裕があるので行動範囲も広がって
いろんな楽しみ方ができますね。

よし、今年は旅キャンプをするぞ~!

長々とお読みいただきありがとうございました。
最後は、このキャンプ「かげの主役」がお別れのごあいさつ。
吊り橋でもテントでも、いつでもどこでも一緒だったね(笑)

18051132.jpg
アラビック・のりくん♪(息子が家から連れてきた、のりの妖精だそうです^^;)

Edit  |  10:41 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2018.05.20 (Sun)

夢の吊り橋目指してGWキャンプ<長島ダムへ編>

湖上駅からの続きです。

バスで1駅、長島ダムで下車しました。
ちょうどこのダムのすぐ下流がキャンプ場です。
キャンプ場からはいつも水しぶきが立ち上がっているのが見えていましたが
果たしてその全ぼうは・・・

18051114.jpg
長島ダム

轟音とともに2方向から凄まじい勢いで水が放流されていました。
そしてよーく見ると、ダムの真ん中に橋が掛かっているではありませんか!
なんともまぁ、今にも飲み込まれてしまいそうなギリギリの所に・・・

ダンナしゃんたちは「あんなとこ渡れっこないよ、立ち入り禁止だよ!」
と怖気づいていましたが
女子軍団は「そんなことないよ、行けるよ!渡ろうよ!」とノリノリ!

じつは橋の入り口にフェンスがあって、閉じられていたのですが
それは「立ち入り禁止」ではなく「鹿よけ」のためだったのでした。

橋の名前はズバリ、しぶき橋
いざ、渡りますよ!

18051117.jpg
ミストシャワーというかシャワー!?(笑)

風向きによって水しぶきが降り注ぎます。
子どもたちはもう大喜び!

18051115.jpg
虹だ!

18051118.jpg
こっちは二重!

あちこちで虹が出たり消えたり、時には2重3重になって
みんなできゃぁきゃぁいいいながら、全身びちょぬれになって渡ります。
水を滴らせながら後ろを振り返ると・・・

18051119.jpg
まさにレインボーブリッジ


今日、夢の吊り橋から始まって、湖上駅、レインボーブリッジと渡ってきましたが
最後にこんなエキサイティングな吊り橋が待っていたなんて!

「さぁ、そろそろ帰ろう」

ここからキャンプ場は目と鼻の先。
このミステリートンネルの看板を下りていくと、
行きとは反対側のトンネルに抜けます。
きっとここもダムができる前は線路だったんだね。

18051120.jpg


だいぶ遅くなっちゃった。
急いで夕げの準備をしなくちゃね。

<つづく>


Edit  |  17:43 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2018.05.15 (Tue)

夢の吊り橋目指してGWキャンプ<湖上駅へ編>

つづきです。

じつは夢の吊り橋の駐車場近くに飲食店がいくつかあったので
そこでお昼ごはんを食べようとオトナたちはもくろんでいたんですが、
子どもたちの「キャンプ場で食べたい!」に押されて戻ってきました。
ホットサンドとかフレンチトーストとかそんな程度ですが・・・^^;

ちゃちゃっと遅い朝ごはんを済ませた後は、
ここ↓から出発です。

18050705.jpg
初日も登場したミステリートンネル

このトンネル、かつてのアプトラインの廃線だそうです。
キャンプ場に隣接する「長島ダム」の建設に伴って線路が移設されたと
管理人さんが教えてくれました。

トンネルだけそのまま残っています。
「そのまま」というのはちょっと違うかな^^
それは行ってのお楽しみということで(笑)

で、このトンネルを歩いて抜けると、
大井川鐡道「アプトいちしろ駅」があります。
↑サラッと書いてるけれど、トンネル内はそれはもう大騒ぎでした^^;

18051106.jpg

ですが、こんなのも残っていました。

18051104.jpg
「かわねいちしろ」駅

長島ダムができる前は「アプトいちしろ駅」ではなく「かわねいちしろ駅」だったんですね。
木々に覆われ最初はそれとわからず何気なく撮ったんですが、
しっかりと歴史が刻まれていました。なんだかノスタルジーを感じます。

新駅「アプトいちしろ駅」、
これまたのどかで・・・

18051105.jpg
これが駅舎

そうこうしているうちに電車が入ってきました。

18051107.jpg

線路中央にあるギザギザの歯車のようなもの、わかりますか?
これが急こう配を登り下りするための「アプト(ラック)式レール」です。

かつては軽井沢碓井峠でも走っていましたが、
現在、国内ではここ大井川鐡道の「アプトいちしろ~長島ダム」駅間しかありません。
しかも、ここアプトいちしろ駅でED90形アプト式電気機関車が連結されます。

鉄ちゃん的にはかなり貴重な路線!

連結時間に合わせて地元のかたが柏餅を売りにきていました。
急いで買って電車に乗り込みます。

18051108.jpg
さすが、GWとあってほぼ満席!

立ちながら柏餅をいただきます。
作りたてでまだあったかい。ウマ~♪

そうこうしているうちに私たちのキャンプ場が見えてきましたよ。
あった、あった、私たちのテント、飛ばされてない(笑)

18051110.jpg

右のトンネルはさっき私たちが歩いてきたところで、
「アプトいちしろ駅」に通じています。
もう一方は「長島ダム駅」に。

トンネルとトンネルをつないでいる場所(かつて線路だったところ)は、
いまはキャンプ場の管理棟と炊事場になっています。
すっごく新しいキャンプ場だけれど、こんな歴史が刻まれている・・・

管理人のおいじちゃんが「ぜひ、トンネル通ってアプト電車に乗ってね」
と言っていた意味が分かったような気がしました。

これだけでもじゅうぶん、目的を1つ果たしたような気になりますが
さぁ、これから夢の吊り橋にも勝るとも劣らない絶景を目指します!

18051109.jpg

車窓からは「世界の車窓から」でもおなじみの
オーストラリア・キュランダ鉄道のような景色が流れます。
(私は行ったことないけど、一緒に行ったお友達が「まさにそれ!」とうっとりしてました)
あのオープニングテーマが聞こえてきそう♪

そしてついに目的地奥大井湖上駅に到着。
その名の通り、湖の上に立つ駅です。
前述の長島ダム建設にともなって1990年に新設されました。
駅自体はちょっとした展望デッキがあるだけで、絶景以外は何もありません。ニクい!

愛を誓いながら約1時間後に来る電車を待つのもよし、
その必要がなければ(!?)こちらを渡って対岸へ行くもよし--

18051113.jpg
ここ、渡りますよ!

こんな体験も旅のいい思い出だね。
最後はびっくりするくらいの急な階段をのぼって(これは想定外・笑)、
約10分ほど歩いたところにバス停があります。

で、そこからの眺めがこれまた絶景!!
かの有名なインスタ映えスポットです。

18051112.jpg
湖上駅とレインボーブリッジ

わたくし、静岡県人ですが、
こんな素晴らしい場所があるなんて知りませんでした。
侮るなかれ、しぞーか!

そしてバスに乗って
フィナーレへ・・・

<つづく>









Edit  |  21:51 |  ワンコとアウトドア  | Comment(2) | Top↑
2018.05.14 (Mon)

夢の吊り橋目指してGWキャンプ<いよいよ夢の吊り橋へ編>

つづきです。

キャンプ2日目。
この日はいよいよ夢の吊り橋を目指します。

事前に管理人さんから「朝イチで行った方がいいよ」と聞き、
朝ごはん前に出発することにしました。
恐るべし、インスタ映えスポット×GW!

吊り橋へはキャンプ場から車で20分ほどで、
手前の駐車場に車を停めて、30分ほどハイキングとなります。
混んでいる時期は駐車場待ちと吊り橋待ちができるそう。
この日は吊り橋前で10~20分ほど並びました。

ちなみに吊り橋には定員があって(10人だったかな?)、
両端で係り員さんが人数調整してくれていました。
入口で「吊り橋を守る会」みたいな募金をやっていたので
それで人件費をまかなっているのだと思います。
ちゃんと募金してきました!

さて、コバルトブルーが美しい夢の吊り橋。
あいにくこの日は雨の影響で濁っていましたが、それでも期待大。
さぁ、いよいよ私たちの番です!

18051102.jpg
絶景なり~!

18051101.jpg
ダンナしゃん

真ん中に細い板が2本あるだけで、
左右はワイヤーが通っているけれどかなりスリリング。
おまけに風が強くて結構揺れます!

写真はこれ1枚しか撮れなかった(汗)
しょーたんはスタスタと、お友だちはへっぴり腰になってたけど
みな無事に渡りきりました。ふぅ~==33

あ、りんちゃんも一緒に渡りましたよ!
わかるかな??

18051103.jpg

ダンナしゃんのリュック♡

吊り橋もさることながら、往復1時間のハイキングは
りんちゃん的にちょっときつそうだったので
この日のためにワンコリュックを買ったのでした。

18051111.jpg

深い山々、折り重なる新緑、
目にまぶしくて本当に気持ちよかったです。
あぁ、来てヨカッタ!

帰り道は結構車が渋滞していたけれど、
すれ違いが難しいところにはちゃんと誘導車が出ていて交通整理していました。
これなら細い山道で立ち往生することもなさそうです。

さーて、お腹空いたね。
キャンプ場に戻って朝ごはん(昼ごはん?)にしましょ!

<つづく>
Edit  |  16:01 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2018.05.07 (Mon)

夢の吊り橋目指してGWキャンプ<初日編>

毎年GWからスタートする我が家のキャンプライフ。

今年はお友だちファミリーに誘われ3月末からキャンプ場を探し始めましたが
GWとあって、すでに予約でいっぱいでした。

そんなとき、ふと気になっていたキャンプ場が浮かびました。

じつは、今年は2泊くらいで奥大井方面に行きたいね~
ほら、インスタ映えする夢の吊り橋とか渡ってさ、
ハイキングして、温泉で癒されて~
なんてダンナしゃんと話していたのです。

近くにキャンプ場を見つけたのですが、
ほとんど情報がなく、予約もケータイ電話が書かれているだけだし
決してアクセスがいいわけでもなかったので
友達ファミリーと行くにはどうかなと思っていたのですが--

すんなり予約が取れました!

薪や炭はあるのか?
AC電源は使えるのか?
命の水はあるのか??
いや、そもそもちゃんと予約できているのか!?(←ネット予約に慣れすぎ^^;)
若干の不安を抱えつつ--

出発は朝5時。
スミマセン、スー家15分遅刻しますた(汗)
目指すは静岡県奥大井

初日が雨だったおかげで
渋滞することなく静岡SAに到着しました。
ここからスマートICで降りて千頭(せんず)方面に山道をひた走ります。

が、ナビの動きがおかしい・・・
いくらルート設定しても、嫌がらせのようにナビってくれない・・・

な、なんと、大雨の影響で通行止めになってますた!!
雨はすでに上がっていたんですが、
おそらく前夜の降水量が多かったのでしょう。

仕方がないので、島田から行くルートに変更です。
(むしろこっちがメインルートのよう)
雨で濁った茶色い大井川を横目に、
お昼前にキャンプ場に到着しました。

18050701.jpg
キャンプ場全ぼう

ご紹介が遅れましたが、こちらが今回お世話になったキャンプ場です。
全部で30サイトくらいかな?
こじんまりとしていますが芝生のサイトがきれいに区画分けされ、
大雨後なのにエメラルドグリーンの川(湖?)が印象的です。
管理人さんいわく、「ダムのすぐ下だから水が濁らない」とのこと。なるほど!

ちゃんと予約も取れてたし(当たり前!)、
電源も使えました!
薪は売ってましたが、
命の水やその他もろもろ、いわゆる売店はありません。
ゴミも持ち帰りです。

でも施設がとってもきれい♪
芝生も快適♪
眺めも最高♪
お友だちもこのロケーションに大喜びしてくれました。

18050702.jpg

時折、目の前の急こう配をアプト電車がのぼっていきます。
1日5~6本くらいかな?
そのたびに思わず手をフリフリ。皇族ですか!?(笑)

18050705.jpg
キャンプ場にあった気になるミステリートンネル

場内にこれといった遊具はありません。
遊べるものといったら、目の前の川で釣りくらいかな?
でもこのトンネルの先には思いがけないお楽しみが待っていました。
(これはまた次回に)

18050703.jpg
設営後のたい焼き(笑)

設営後は持参した命の水とともに、
お友達がサプライズで用意してくれたたい焼き
1回目コゲちゃったのはご愛敬ってことで(笑)

18050704.jpg
それ、りんのだワン?


いつもはできないことをする。

たとえば、こんなサプライズだったり、
手の込んだアウトドア料理だったり、
のんびり読書をしたり、お昼寝をしたり、

18050706.jpg
夕げの豪華ステーキだったり、めったに買わないパプリカだったり、

18050707.jpg
子どもたちが作る五平餅だったり。

こうして非日常の3日間がスタートしました。

<つづく>












Edit  |  20:50 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2017.11.16 (Thu)

秩父でCAMP&紅葉狩り

17111606.jpg
またこんなとこ連れてこられちゃっただワン。


お友達ファミリーとキャンプに行ってきました!

場所は埼玉県秩父。
じつは埼玉でのキャンプ、お初です。
「首都圏に近いので自然感がないのでは?」という勝手なイメージで、
これまで足を踏み入れたことがありませんでした。

でも、そんなふうに勝手にイメージしていたこと、思いっきり後悔><

インターを下りてからキャンプ場への道のりは、
思わず車を停めて写真を撮りたくなるような景色ばかり。
昔ながらの母屋、軒先の干し柿、ローカル線の小さな踏切・・・
素朴でどこか懐かしい里山の風景がそこかしこに。


17111607.jpg 17111608.jpg

キャンプ場では河原で化石発掘を楽しんだり、
焚火を囲んであったまったり、明け方の霜に驚いたり!

17111601.jpg
朝、テントが凍ってた!

今回は電源なしで頑張りましたが、さすがにもうムリ~!
これが今シーズン最後のキャンプかな。

今回、2家族のリビング幕はオープンタープにしましたが、この時期は悩みます。
ストーブは使わないので、夜の暖は焚火がメイン。
でも子どもがいるので朝晩の冷え込みがシンパイ・・・おまけに強風予報が出ていたので
我が家のタープの他に、念のためお友だちが大型テントを持参しました。



17111602.jpg

朝ごはんは前夜のごま豆乳鍋の残りにラーメンと牛乳とチーズを投入。
あーらフシギ、カルボナーラに大変身!ウマウマ♪

チェックアウト後は奥秩父まで足をのばしました。

17111605.jpg
金蔵落しの渓流にて

17111603.jpg
谷底には透き通るような渓流が

17111604.jpg
山肌は紅葉のパッチワーク♪

紅葉の真っ盛りでした!

奥秩父は「紅葉狩りの穴場」と言われているようですが、
穴場なんていうレベルではないです!
こんな素晴らしい紅葉、初めて見ました。鎌倉ガンバレ!

そうそう、今回利用したキャンプ場
チェックインは11時、アウトは10時とちょっと珍しい営業スタイルでした。
でもアウトが12時とかだったら、果たして奥秩父まで足をのばしてたかな??
早いアウトも考えようによっては有効活用できていいですね。

今シーズンは天候に左右されたり、体調不良で引き返したりと
思うようにアウトドアが楽しめないことも多かったけれど、
最後にこんな美しい景色で締めることができてヨカッタです。
奥秩父でいくつかキャンプ場も見つけたし。

来年は埼玉、大注目間違いナシ。
さーて、キャンプ道具片付けないと・・・!

Edit  |  18:12 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2017.09.21 (Thu)

まったり雨キャンプ@美鈴湖もりの国オートキャンプ場

前々から楽しみにしていた2泊3日のファミリーキャンプ。
そこにまるで嫌がらせのように、あの台風が・・・。
9月の連休、この台風に泣かされたキャンパーさんも多かったのではないのでしょうか。

さて、我が家の場合は・・・

連日台風の進路とにらめっこしつつ、前日現地に電話で状況確認し、
出発直前まで悩みに悩んで、
最後は「雨でも行きたいな」というムスコの言葉に押されて・・・
いやいや白状します。いちばん行きたかったのはこの私デス。

どうやら連休2日目までは雨は降るものの風は大丈夫そうということで
キャンセルモード全開のダンナしゃんを説き伏せて鎌倉を出発しました。

行き先は信州松本。

7時過ぎに家を出て、松本に到着したのはお昼ごろ。
ドン曇りですが雨はまだ降っていません。風もありません。

松本までは鎌倉から4時間ほど(渋滞がなければ3時間ちょっと)の道のりで
思ったよりアクセスは悪くなかったです。


インター近くのツルヤで買い出しして、
お昼は食べずそのままキャンプ場に直行しました。
到着と同時に小雨が・・・(想定内ですけどね・涙)

17091901.jpg
設営完了

今回お世話になったのは長野県松本市郊外にある
美鈴湖もりの国オートキャンプ場

当初、この連休は満サイトでした。
が、キャンセルが相次ぎ、今日は5~6組とのこと。
ウチだけじゃなくてヨカッタ・・・というのが正直なところかな^^;
むしろあたたかく迎えてくださって安堵しました。

ただし、連休2日目深夜にもろ台風の影響を受けそうだったので、
1泊に短縮することにしました。
台風ということでキャンセル料はナシでした。

そんなわけで、サイトは選び放題。

入口に芝生のきれいな広場サイト、そして奥に向かって縦長に区画サイトが続きます。
天気が良ければ、ここもいいな、あっちもいいな、と迷ってしまいそうなロケーションばかりですが、
今回は「眺望」<「風に強い」(管理人さんに確認)
「プライバシー」<「ひと気のあるところ」に設営しました。(A-1)

早々に昼食兼夕食の準備に取りかかります。

17091903.jpg 17091904.jpg
17091905.jpg 17091906.jpg

小雨が降ったり止んだりで、風もなかったので
キャノピーの下でBBQしました。
(うちのツールーム、火に強い素材らしい)

ここのところ、「肉」<「野菜」な我が家。
今回はシイタケのトマトチーズ焼きがイタリアーンなカンジで大ヒットでした。
緑色の甘とうがらし?も、あぶっただけなのにめっちゃ美味。

17091902.jpg
肉が少ないせいか、りんちゃんも興味なっすぃんぐ!?

ときどき雨が止んでバドミントンもしましたヨ。
そして念のため積んできたホットカーペットが大活躍でした。
(意外とサブかった・・・。10℃切ってたかも)

ホットカーペットの上でゴロゴロ、
私は日本酒をチビチビ、りんちゃんヌクヌク・・・zzz
そう、これがしたかったんだよね。
好きなことを好きなだけ・・・

夜は近くで花火大会が開催されていて、
ますます、ホントに台風来るの!?ってくらい鳴り響いていました。

17091907.jpg
翌朝も小雨スタート

まさか焚火ができるとは思ってなかったなぁ~
これが今日の翌夜には風速8mとか9mになるというのだから信じられない・・・
(実際には10mになったようです)

17091908.jpg 17091909.jpg

朝食はツルヤで調達したジャムやパン、ヨーグルト(←マストバイ)に、
スキレットに昨日の残りのごはんとイナバのタイカレーを入れてあっためたものなど。
朝カレー、楽チンなわりに結構イケました!

2日目は松本観光したり、浅間温泉につかってから
レイトチェックアウトしようと考えていましたが、
雨雲レーダーを見たら、だんだん雨が本降りになりそうな予感が・・・。

ちょうど雨雲が切れる午前中を見計らって、いっきに撤収することにしました。
見れば周りのキャンパーさんたちも続々と撤収を始めています。

後ろ髪を引かれる思いでキャンプ場を後にしました。

17091910.jpg
美鈴湖

帰り際に立ち寄った美鈴湖。
ほんのり霧が立ち込めて幻想的でした。

ホットプラザ浅間ですっきりさっぱりして(キャンプ場で割引券販売あり)
創業明治27年の手打そば屋「あるぷす」でおいしい「水そば」をいただいて、
いざ松本城へ。天守閣は有料ですが、周囲の公園は無料&ワンコOKです。

17091911.jpg 17091912.jpg
17091913.jpg 17091914.jpg

松本はあちこちで湧き水が沸いています。
散策していて偶然見つけた「サパンジ」というパン屋さん(オススメ♪)の店先にも
湧き水があふれていて、かわいい金魚が泳いでいました。

また松本市街を流れる女鳥羽川は、お城の守りを堅くするため、
わざとその流れを変えて堀としての機能を持たせたんだとか。(へぇ~知らなかった)
水が豊かな城下町なんですね。
あと、松茸もとれるみたいですヨ。
旅って、いろんな発見があるから楽しいです。

なんだかんだで松本観光している間も雨は降らず、3時ごろ無事帰路につきました。
何事もなくて本当にラッキーでした。

美鈴湖もりの国キャンプ場、
とても雰囲気が良くて、バランス良くって、スタッフさんも親切で・・・
ここを拠点に安曇野にも行ってみたいし、美ヶ原にも足を延ばしてみたいし、
キャンプ場内のマレットゴルフも楽しそう!
次回は松茸もあぶってみたい!!

ぜひまた訪れたいと思います。
今度はお天気のいい時に!
Edit  |  22:38 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2017.07.19 (Wed)

川遊びキャンプ@南アルプス天然水の森<その3>

今回お世話になっているコビットさん、
先週から新しく林間サイトがオープンしています。
木々に覆われた川沿いのサイトで、夏場は涼しくてよさそうですヨ。
私たちが訪れたときは、まだショベルカーなどが置かれていましたが、
横に長ーく広ーく進化して、今後がますます楽しみです。


さて前回からのつづきです。

朝ごはんは、コビットさんの「周辺情報」にあった
徒歩5分の「CUNICO」のパンにしようと決めていました。
でも、営業時間がAM8:00~9:30とあります。
ん!? たったの1時間半? それとも夜の9時半まで??

どうやら本当に朝の1時間半しかオープンしていないようです。
そうわかると、ますます食べたくなる・・・
でも朝8時に買いに行くのではちょっと遅いかな・・・

すると、偶然にも「武川町農産物直売センター」に
CUNICOのパンが置いてあることがわかりました。
ちょうどここで幻のお米「武川48号」を買おうと思っていたので、
昨日立ち寄っていたのでした。

17071412.jpg
CUNICOのパン♪と最盛期のブルーベリーを使った手作りジャム

素材にこだわった天然酵母パン。
どれも、とっても優しいお味です(*^^*)

おかずは300円のスキレットでインスタ映えを狙って(笑)

17071413.jpg
ウィンナー&昨日食べきれなかった鶏肉

鶏が焦げちゃった^^;
でもスキレットで焼いた安いウィンナーが、なぜかシャウエッセンのよう!
スキレットマジックですね~。肉厚しいたけの次においしかったかも。
(次からはしいたけとウインナーでいいじゃん!とダンナしゃん笑)


17071417.jpg

こちらはサイトに佇む大きな岩。
いい感じに苔むしていて、朝陽が当たるとキラキラ輝いて、
何とも言えない雰囲気。

パンを頬張りながらボーっと眺めていたら、いろんな形が浮かび上がってきました。
(オバケとかじゃないですよ・笑)

最初は「コブダイ」。
角度によっては「ナポレオンフィッシュ」や「ニモ」にも。

ん、でもちょっと待って。
この角度・・・

17071418.jpg

りんちゃん岩だ~♪

ほら、マズルの部分とか~。完全に親バカですね。
分かる人にだけ分かればいいデス。

そうそう、ダンナしゃんとムスコは早朝にカブトムシを探しに行ったけれど、ゲットならず。
かわりに"山のナメクジ"をゲットするというハプニングがありつつも、
ゆっくりとシアワセなひと時が流れていきます。

ちなみに・・・

昨夜、管理人さんにカブト情報を聞きに行ったら、
「テントの明かりや炊事場を探してごらん。すごーく探してるコより、ふしぎと全然探してないコのほうにやってくるんだよ」
なーんてムスコ教えてもらっていましたが、実は親にはこっそりヒル情報を教えてくれました。
なるほど、そういうことか^^;
自然の中に立ち入ること、管理人さんのお心遣い、ここでしかできない経験、失敗体験、いろいろ勉強になります。



コビットさんのチェックアウトは12時です。
ギリギリまでのんびりしたい気持ちをこらえて、
今日は11時にチェックアウトして工場見学に行きます。

シャトレーゼでアイス食べ放題?
地元ワイナリー?
サントリーで白州?
それとも天然水の飲み放題!?

さすがに子連れだし、運転もあるので
サントリー南アルプス天然水の工場見学にレッツゴーです。

*無料・要予約
*ワンコは入場できません。ダンナしゃん&りんちゃんは別行動。

17071416.jpg

海から始まり、山、川、そしてまた海へと巡る長い長い水の物語。
地中に埋まる「花崗岩」によって、ミネラルを含むおいしい天然水になるんだそう。
そうか、ここはちょうどフォッサマグナが貫く、火山活動と切っても切れない場所。

約30分ほどのガイドツアーの後に、待ちに待った試飲タイム。
お話を聞いた後だけに、水に対する想いは格別!
でも・・・味は一緒でした(笑)
南アルプス天然水のほかに、ヨーグリーナや炭酸水なども試飲させてもらいました。
子どもたちはチョコレートとスナック菓子がいちばん嬉しかったカナ!?

まさに、そんな南アルプス天然水の森に抱かれて、
川遊びやキャンプを楽しんだ私たち。
最後におなかいっぱい、天然水をいただいて--

ありがとう、南アルプス!
川遊び、楽しかった!
また来ます、コビットさん!
りんちゃんにはちょっと暑かった!
次は秋キャンプだね!

**おしまい**

Edit  |  14:09 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2017.07.18 (Tue)

川遊びキャンプ@南アルプス天然水の森<その2>

17071404.jpg
半水面 子どもたちよ、止まっておくれ~~

<その1>からの続きです。

サイトから川へは歩いて1分とかかりません。
石空川(いしうとろがわ)という南アルプス山系の川で、
上流には東日本最大級の落差を誇る「精進ヶ滝」があるそうです。

とにかく水のきれいなことといったら!

17071405.jpg
この透明度!

透明度もさることながら、深さといい、流れといい、川幅といい、
小学生が遊ぶのにちょうどいいのです。
場所にもよりますが、膝くらいの深さで、
流れは強くもなく弱くもなく、川幅は5m~10mくらい。

もっと小さい子どもが遊べるところもあります。
(オタマジャクシいっぱい^^;)

17071406.jpg
こんなのや・・・

17071407.jpg
こんな人口滝があったり

洪水や護岸対策なのでしょうか、ところどころ人の手が入っていますが
それさえも子どもたちにとっては格好の遊び場です。

17071410.jpg
アタチはここでじゅうぶんだワン(りんちゃん、初登場!)

りんちゃんは川にはあまり興味を示さず・・・
というか、この日はとても暑くて、川遊びにはちょうどいいけれど
りんちゃんにはツラかったかな~。

日中はほとんどタープ下で寝てましたzzz
(タオルの下には凍らせたペットボトルや保冷剤)

17071411_2017071809331923d.jpg


子どもたちはめいっぱい川遊びを楽しんで、
私はダンナしゃんと交代して、
りんちゃんとまったりしながら至福のプシュッを・・・(*^^*)

場外に出るのがもったいないくらいの心地よさで、
温泉には行かず、キャンプ場のシャワーでさっぱりして(5分100円。めちゃきれい)
そのまま夕げタイムになりました。

毎度のことながら、火を起こして肉や野菜を焼き焼き(写真ナシ)。
歳をとったせいか、一番おいしかったのは肉ではなく、
肉厚のしいたけだったという・・・(苦笑)

夜は長そでが1枚欲しいかなというくらいまで気温が下がりました。
21時過ぎに管理人さんが見回りにきて、明かりを1つ落としました。
最新のLEDランプは思いのほか光が拡散・・・

子どもたちはすでに夢の中・・・
本当に静かなキャンプ場です。
そうそう、ここではスマホの音源(音楽)さえもお断りです。
「静か」や「心地よい」はこうやって地道につくられているのかもしれません。

なぜか川のそばだとよく寝られる私。
りんちゃんと一緒にシュラフに潜り込んで
楽しかった今日を1つ1つ思い出しながら
川音とともにいつしか夢の中へ--

<つづく>

Edit  |  10:58 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
2017.07.14 (Fri)

川遊びキャンプ@南アルプス天然水の森<その1>

先日、山梨にキャンプに行ってきました。

ずっと行きたいと思っていたあのキャンプ場・・・
人気があって予約が取れずにいたのですが、
偶然にもキャンプ友だちからグループサイトのお誘いが♪

アーリーチェックインの12時を目指して、7時過ぎに鎌倉を出発。
圏央道のおかげで中央道へのアクセスが格段に良くなり、11時前には韮崎ICに到着、
山梨ののどかでどこか懐かしい風景にココロ奪われながら、
まずはキャンプ場近くのお蕎麦屋さんで腹ごしらえです。

17071414.jpg

ずっと「お蕎麦」のノボリが出ていたので迷うことはないのですが、
ここがお蕎麦屋さん!?っていう感じのエントランス。
「OPEN」ってあるけど、「準備中」の看板も出ていて・・・

ちょっとドキドキしながらドアを開けると、
まるでお家のようなユルユルとした雰囲気の店内に、
ナチュラルで人当たりのいいオーナーご夫妻が出迎えてくれました。

17071415.jpg
ざるそば600円・野菜天付き1000円

ドームハウスさとう」さん。
店名もお蕎麦屋さんっぽくないですネ。

でも、「うちはずっと蕎麦一筋」とのことで、
我が家好みのおいしいお蕎麦をいただきました。しかもデザートのサービスまで!
そして今から行くキャンプ場の話をしたら、お知り合いなのか、
「あそこはいいですよ~」と目を細めていらっしゃいました。

キャンプも含めて旅というのは最初が肝心というか、
幸先がいいとその後もずっといい感じで時が流れていくような・・・
このお蕎麦屋さんで、まさにそんないい流れを感じました。

そうこうしているうちに、今日ご一緒するお友だちから
「設営始めてまーす」のメールが。
では我が家も行きますか!

17071401.jpg

今回お世話になったのは「Foresters Village Kobitto」さん。

HPには
"小さなファミリー向きのオートキャンプ場です。
お一家族づつゆっくりと気兼ねなくお過ごし頂きたいため
2家族でのご利用は「2ファミリーサイト」のみです"


小さな・・・とありますが、いやいや、広い敷地に少なめのサイト数、だと思います。
広場もあれば、ハイジのブランコ、子ども用の遊び部屋やコテージもあります。

17071408.jpg
わーい♪

2ファミリーサイトは2つのみ。
今回はそのうちの1つ、リバーサイドの「2F-1」を利用させていただきました。

17071402.jpg
お友だち、また新しいテントだ!スゴっ(笑)

お友だちのNEWテント(もちろん左のね)かなり大きくてカッコよくて
うちのがメチャちっちゃく見えるんだけど(実際小さいケド)
そんなデコボコ2ファミでも有り余るほどの広さ。
実際に子どもたち、ここでバドミントンしてました。

他のサイトも広々としていて、
しかもこの辺の地域の特徴なのか大きな岩(花崗岩?)がゴロンゴロンしていて
それをうまーく使ってレイアウトされているため、独立性が高いのです。
(フォレストサイトはまたちょっと違った雰囲気)

17071403.jpg
サイトからの眺め

背伸びしないと川は見えません。
でもそれ以上に、心地よいせせらぎと木々の間からの木漏れびが
心を癒してくれます。

設営はダンナしゃんに任せて、
まずは子どもたちを連れて川に行きますか!

<つづく>
Edit  |  18:20 |  ワンコとアウトドア  | Comment(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT