キャバリア Rin's cafe+ TOPへ
2017.06.23 (Fri)

新しい皮膚のお薬スタート

いつもの心臓病と皮膚のお薬が切れそうになったので、
病院へ行ってきました。

心臓はとくに変化はなく、現状維持。
先生、りんちゃんのお顔を見て、
「りんちゃん、元気そう!」とおっしゃってくださいました。ヨカッタ♪

皮膚の状態は、痒みは多いですが見た目はだいぶきれいです。
お耳は・・・相変わらずクチャイ^^;

今日、先生から新しい皮膚のお薬を提案されました。

りんちゃん、これまでステロイド、抗生物質、抗カビの薬をミックスしていただいていましたが、
ここまで状態がいいのであれば、続けてステロイドを飲むほどではない、
ステロイドではない新しい薬が出たので、試してみては、とのことです。

その薬は以前、ブログでも教えていただいて、先生に相談したことがあったのですが、
そのときはりんちゃんの状態からみて、今はステロイドのほうがベターとのことでした。

今回は、新しい薬に一気に切り替えるのではなく、
抗カビ薬は併用し、5日おきにシャンプー(新しい薬はこまめなシャンプーが必須)、
まずは1週間様子をみることになりました。

前の薬とくらべて、1回100円高くなります。
でも、りんちゃんの元気な姿は何ものにも変えられません。

17062301.jpg
いつも寝てるけど^^;

5日おきのシャンプーも頑張るぞー!

<診療費>

診察料 500円
処置料 2000円
心臓の薬(30日分) 10350円
皮膚の薬(7日分) 5250円
フィラリア予防薬(2回分) 2600円
フロントライン+(2回分) 2400円

保険負担 約10,000円
自己負担額 約15000円


Edit  |  13:34 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(0) | Top↑
2016.04.04 (Mon)

甲状腺機能低下症

ご心配のコメントやご連絡をいただき、ありがとうございます。
1つ1つご返信できなくて大変心苦しいのですが、
みなさんの温かいお気持ちが大きな支えになっています。

じつは検査の結果、甲状腺の値(T4値)が著しく低いことがわかりました。
「甲状腺機能低下症」というそうで、すぐに投薬治療を始めました。

通常、1.5~2.0以上あるところが、りんちゃんの場合0.47で、
元気のなさや体重の増加はそれが原因だろうとのこと。
投薬を始めればみるみる良くなるから、とのことでした。

「老化現象かな?」と軽く考えて、気づかずに病気が進行して
命を落としてしまうこともあるそうなので、気付いてあげられてヨカッタです。
とはいえ、発作(失神?)がなければ気付かなかったんですけどね。。

*ちなみに通常の血液検査ではオプション扱いになっているようで、
昨年までは検査していませんでした。


投薬を始めて数日たちますが、ちょっと元気になってきたかな~?といった感じです。
諸々の薬の副作用なのか、そうでないのかはわかりませんが、
いつもより眠りが深い感じなので、正直まだまだ不安でしかたありません。

私がこんな風にブログに書くものだから・・・
実際のりんちゃんはたぶん、みなさんが想像している以上に元気だと思います。
ダンナしゃんには、神経質になり過ぎだよとたしなめられています(汗)

昨日は久しぶりにのんびり近所をお散歩して、
今朝は私が着替えをしていたら「ワンワン!(お散歩行くだワン?)」と駆け寄ってきました。
「りんちゃん、ウレシイけどウルサイ!」とムスコと苦笑^^;
こんなあたりまえの光景が戻ってきたことに心から感謝しなくては。

16040401.jpg

今朝、毎年リビングから愛でるハートのサクラが満開になりました。
あ、今年はちょっとイビツだけどネ。

心臓、肝臓、脊椎症、皮膚のカイカイにくわえて甲状腺機能低下と
満身創痍のりんちゃんですが、みんなから愛されて本当にシアワセものです。
心から感謝いたします。
Edit  |  11:15 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(12) | Top↑
2016.03.30 (Wed)

りんちゃんのようす

みなさん、大変ご心配をおかけしました。
先ほど、動物病院から帰ってきました。
りんちゃん、ひとまず大丈夫です。

じつは日曜日の夜、りんちゃん、少し咳をしたかと思ったら
急に苦しそうに横に倒れてしまいました。
わずか数十秒だったと思いますが、カッと目を見開いて苦しそうで
明らかにただ事ではない様子。
その後、ハァハァとベロを出して落ち着きを取り戻しましたが、
その舌は紫色で、呼吸も乱れていました。

発作の原因は、まだ検査結果待ちのためよくわかりません。
心臓からくるものなのか、脳からくるものなのか、
もしかしたら、迷走神経反射かもしれないとのこと。
(話ぶりから、心臓ではなさそうな感じでした)

とはいえ、心臓の状態が気になっていたので、
エコー、レントゲン、血液検査をすることになりました。

心臓に関しては、以前からときどきエコー検査を受けていましたが、
1年前と比べて肥大が進行しており、ついに投薬を始めることになりました。
幸い、肺に水は溜まってないそうです。
これから毎日投薬、そして心拍(呼吸)数をチェックすることになりました。

それから血液検査の結果、
・貧血
・肝臓の数値(ALP)が異常値であることがわかりました。

さらにもう1つ、レントゲンで脊椎症を発症していることもわかりました。
背中をスリスリ床にこすりつけて泣いていたのは、そのせいだったのかな。。ゴメンネ

診察室から出てきたりんちゃんは、本当に生気がなく、
「いつも元気にワンワンほえているのにね~」と先生も心配そう(汗)

あとは甲状腺ホルモン値の結果を待ちつつ、
心臓のお薬を飲みながら、しばらく様子を見ることになりました。

***

年明けごろからなんとなく「元気がないな~」「年を取ったな~」と感じていました。
11歳なので、確かに老犬は老犬です。
いつもお昼寝していたソファにも上れなくなっていて、
フードも嚥下しにくそうだったので、お湯でふやかし始めたところでした。

そんな中で突然起こった深夜の発作。

ダンナしゃんもムスコももう寝ていて、私とりんちゃんだけがリビングでうたた寝していました。
発作を見ていたのは私だけ。
すぐに病院に行こうか、行くならどこに連絡したらいいのか・・・
いやいや、そんなことしているうちに呼吸が止まっちゃうんじゃないか・・・
あちこち連れまわすより、いつも一緒に寝ているベッドで静かに見守ってあげたい・・・

いろんな思いが巡って、不安で涙が止まりませんでした。
結局、その夜は家で様子をみて、翌日朝イチでかかりつけの病院に電話し、
そして今日の精密検査となりました。

これだけブログをやっていながら、
犬の病気のことに関してまるで知識がなく、ただオロオロするばかり・・・
しかも、今日病院に行ってはじめて体重が激増していたことに気づきました。
本当に情けない飼い主です。りんちゃん、ごめん。。

みなさんにも大変ご心配をおかけしました。
お騒がせなブログをアップして本当にすみませんでした。
でも、元気のパワーをいただけてて本当に本当に有り難かったです。
もうちょっと元気になったら、また戻ってきますね。絶対に!

16033001.jpg
ありがとだワン。

Edit  |  18:15 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(7) | Top↑
2014.08.20 (Wed)

カイカイ? それとも・・・

14082001.jpg
あじーzzz

静岡帰省から帰ってきたら、お留守番だったりんちゃんの皮膚の状態が少し悪化してました。
まあ、もともとそんなによくはないんだけれど、
悪くなれば投薬したり、シャンプーしてあげたり、エアコン温度を下げてあげたり・・・
いつもコントロールするのは私で、さすがにダンナしゃんではケアしきれなかったようです。

すぐに病院に行かなきゃね。
それにもう1つ、気になることもあって・・・

14082002.jpg
だから使わないって・・・zzz

りんちゃん、アレルギー対応のフードに切り替えてから、だいぶお肌の調子は良くなっているんです。
それにもかかわらず、執拗に前足を舐めたり(ソファがびちょびちょになるくらい)、
何度も背中をじゅうたんにこすりつけたり(最近やたら増えた!)、鳴きながら激しく顔を掻いたり。
見た目はきれいなお肌になりつつあるのに、むしろ前より痒がっているような・・・

そんなに痒いの?
どうしちゃったの?

そんなとき、ふと目にしたブログで「脊髄空洞症」という病気を知りました。
その症状が今のりんちゃんにソックリで・・・!

昔買った「キャバリア・ファン」を引っぱり出してみたら、
キャバリアに多い遺伝性の病気だということを知りました。
その行動が皮膚病の症状と似ていることから発見が遅れるとも・・・。

ざわつく心を抑えながら、その切り抜きと、スマホで撮った動画も持って病院に駆け込んだところ--
「おそらく、違う」とのことでした。

先生がこれまでに診た空洞症の子は、表情もしぐさもこんな風にしゃきっとしていない、
MRIを取らないと正確な診断はできないけれど、りんちゃんはたぶん大丈夫、と。
とりあえず9日間、皮膚のお薬を飲んで、
シャンプーやお耳、パッドのケアもして、1週間後に再診となりました。

***

疑いがスッキリ晴れたワケではありませんが、「たぶん大丈夫」と言っていただいた時点で、
だいぶ気持ちが落ち着きました。
仮に空洞症だったとしても、もう9歳なので出来ることは限られているし、
りんちゃんや私たち家族が望む治療方針も限られています。

ダンナしゃんも私も、りんちゃんが「こうしてほしい」と思うことをよく理解しているつもり。

それは、どんな薬や治療よりも、私の手で身体をなでて欲しいこと、
ずっと、家族と一緒にいたいこと、
1日3回のフードと、しょーたんがこぼすおこぼれを何より楽しみにしていること、
毎日変わり映えしないコースのお散歩でにおい嗅ぎがやめられないこと、
それが終わったら次のご飯までぐっすりお昼寝すること・・・

それが何より最優先。

私たちが出来ることといったら、少しでもりんちゃんが快適に過ごせるように
クールダウン用の大理石を置くことくらい。(ダンナしゃん購入)

みごとに避けているけど!(苦笑)

改めてりんちゃんにとって、私たち家族にとって
いちばん大事なことを確認し合った夏の暑い一日なのでした。








Edit  |  13:37 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(0) | Top↑
2014.03.03 (Mon)

食物アレルギーだったかな?

14030301.jpg
湯たんぽ、始めました。

最近、寒さのせいか息子が明け方に起きてきてしまうので、
湯たんぽ(コレ)を入れてあげることにしました。
私も子ども時代、お世話になりました。ブリキのヤツだけどね。
で、懐かしさあまって、まずは自分のお布団でお試し♪
もれなくりんちゃんもご一緒に。大丈夫かな!? 低温ヤケド


さてさて、そんなりんちゃんですが、食物アレルギー対応フードを始めて約半年ほど。
先日、病院で皮膚の状態を見ていただきました。

そしたら・・・・先生もビックリするくらい「効果アリ」でした!

まぁ、私たちも見てわかってはいたんですが、
2ヶ月目くらいから効果が出てきて、赤いポツポツやカサカサが激減したんです。

14030302.jpg
ピンクのおなか

まだすこーし発疹はあるものの、きれいなピンク色です。
つるんつるんのしっとりお肌になりました。背中のフケの塊もほとんどナシ。
1週間に1回以上のマメなシャンプーも効果アリりだったかな。

14030303.jpg
スッキリ!

万年カイカイ&ムレムレで垢だらけだったお耳も、
薬を塗らなくともこの状態に。芳しいニホヒもありません。

結果的には、食物アレルギーの要因となるたんぱく質をアミノ酸レベルにまで分解したフードで
ここまで改善されたので、「食物アレルギーだった」ということになります。

ただ正直、これですべて改善されたとは思っていません。
皮膚の状態は確かに良くなったけれど、いまだに絨毯にスリスリ背中をこすりつけたり、
足をカミカミしたり、痒そうなしぐさを見せています。
それに、どのたんぱく質がNGなのかまでは特定できていないし、
これだけ長い間食べ物を管理してもまだ痒がっているということは、
他にも原因因子があるかもしれない・・・。

14030304.jpg
なんだワン!?

キレイなお肌になったりんちゃんを激写したくて何度もスマホを向けていたら、
首がこんなんなっちゃった(笑)

それでも、フードでここまで改善できたのは大きいです。
フードだけでなく、オヤツをやめた(フードをオヤツにした)ことも大きかったかな。
もし、カイカイで悩んでいる飼い主さんがいたら、ぜひ、オヤツの素材も見直すことをオススメします。

ぶっちゃけアミノ酸のフードは3kgで約8000円だから、結構なお値段。
もっとリーズナボーなフードに切り替えられるかなどもお伺いしたところ、
これまで食べたことのない食材のフードを試してみて、
またダメだったら今回のフードに戻すという方法もある、とのことでした。
たとえば「カンガルー肉」って言われたけど・・・高そう^^;

今日はひな祭り。
お金と手間のかかる、我が家のかわいい一人娘です。



Edit  |  23:41 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(2) | Top↑
2013.07.04 (Thu)

しょぼぼぼぼーん

13070401.jpg

毎年のことですが、この時期になると皮膚がカイカイ、
耳がムレムレになっちゃうりんちゃん。
週1ペースで薬用シャンプーしても、なかなか改善しません。

ということで、病院へ。

耳回りをお手入れしてもらって、シャンプーやぬり薬、飲み薬を処方してもらいました。
診察後のりんちゃん、ぐったーり。言われてもないのに、床にフセてます^^;


13070402.jpg

夕方、ベランダで収穫したキュウリもしょぼぼぼぼーんなお顔でした。

Edit  |  16:41 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(0) | Top↑
2012.04.25 (Wed)

春の健康診断

本日は動物病院へ。

狂犬病、フィラリアの検査、フロントライン、血液検査、それから耳の処置。
フィラリア検査は問題なく、今年は1年分のお薬をまとめて出していただきました。
(フロントラインも同様に。真夏の通院は気温に左右されやすいので)

耳は相変わらずムレムレのカイカイで、2種類の点耳薬を出していただきました。
でも、まだお腹や背中、足などは赤くなっていないので去年よりはマシかもしれません。
サマーカッツの効果か?それとも新しいフード(FISH4)の効果かな?

最後に溜まりに溜まった肛門腺を絞っていただき(ギャイーンと大泣き・汗)
春の健康診断は終わりました。
血液検査は異常がなければ郵送となります。

帰り際、「今年もまたお願いできますか?」と院長先生。
そう、去年被験者として心臓エコーを受けさせてもらったのですが、
なんと今年もまたお願いさてしまいました!(無料です♪)
我が家にとってはまたとないいいお話。もちろん、お引き受けすることに。
新しく近所にできた動物病院に浮気しなくてヨカッタ^^;

12042501.jpg
家に帰ったら今年初のリビング寝。今日は暑かったもんね~


***覚え書き***


体重:5.7kg ベスト体重です!
心音:異常なし

フィラリア成虫抗原検査 2000円
点耳薬2種 2200円
フロントライン(4~10月分) 6300円(値引きあり)
フィラリア(5~12月分) 5600円(値引きあり)
狂犬病予防接種 3500円
その他処置代 約6000円


お金はかかるけれど、我が子の健康は何物にも変えられません。
私も来年こそはちゃんと健康診断受けなくっちゃ・・・

Edit  |  17:45 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(2) | Top↑
2011.07.26 (Tue)

ひょんなことから心臓エコー検査

りんちゃんが小さい頃からお世話になっている動物病院では
月に1回、大きな病院からセンセがやってきて、獣医師さんたちの研修も兼ねて
心臓のエコー検査を行っています(有料)。

りんちゃんも6歳を過ぎたし、そろそろ・・・と思っていたら、
なんと! 病院の方から、りんちゃんを被験犬(?)としてお借りしたいとの連絡が。

2つ返事で すこ~し考えてから「お願いします」と依頼することにしました^^v
(検査費用はナシ、検査は診療後の夜間に行われるため、車で送迎してくれるとのこと)

飼い主がいない苦手な病院で、果たして無事、被験犬として任務を全うできるのか!?
という、別次元の不安がありつつも、りんちゃんをクレートに入れて見送りました。

20時に始まって、23時には終わるとのことだったのですが、
23時半を過ぎても戻って来ず・・・
もしや、何か悪いところが見つかって、精密検査しているのでは!?とかなーりブルーになりかけた頃、
ようやく連絡があり、りんちゃんは戻ってきました。

結果から言うと、今のところ問題なし。

ただ、よーーく見ると、心臓の弁の変性が始まっているかな? そうでもないかな?
という所見だったそうです。
現状では心音も正常で、薬を飲んだり、即治療の必要はないけれど、
これからは気にかけていきましょうとのことでした。

とりあえず、進行性の問題はなかったのでひと安心ですが、
ついに来たか・・・って感じでした。

キャバリアと心臓病--

飼い始めた頃、キャバリアの専門誌で「9割以上のキャバリアが心臓疾患にかかる」と目にしたとき
すごくショックでした。と同時に、まだまだ先のこと、と思っていたのも事実です。
でも、やっぱりこれからは定期的に精密検査を受けていったほうがよさそうですね。

ちなみにりんちゃん、「泣くこともなく、とってもイイ子でしたよ」(by先生)
えーーーうっそ~、いつも私が病院に連れいて行くとヒンヒン泣くくせに!

何はともあれ、ホッと安心した出来事でした。


11072601.jpg
まだまだヤンチャだワン!







Edit  |  23:14 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(4) | Top↑
2011.06.03 (Fri)

健康診断結果

11060301.jpg
そんなに悪いだワン・・・?

5月末からフィラリアのお薬が始まりました。
それに先立ち、先月血液検査をしていたのですが、
実はりんちゃん、1つで引っかかってしまいました。

それは、中性脂肪。よりによって・・・

参考値が17~79mg/dlのところ、なんと898!!
血液の上澄みが脂肪で真っ白だったそうです。

先生に伺ったところ、一度空腹時に再検査する必要があるとのことでした。
(検査した時は、食後2時間後)
それから並行して、オヤツなどの見直しを行うこと。
今まで1つ丸ごとあげていたのを、半分ずつにするなど工夫するだけでも随分違ってくるんだとか。

ちなみに昨年の中性脂肪は179と、これまた参考値外で、
改善させるどころか、悪化させてしまいました。
あんなに食べるのガマンしてるのになぁ・・・

当分、オヤツの量に注意して、また再検査を受けようと思います。


<覚え書き>

来院日・・・6月1日

耳・・・またムレムレで少し腫れていたため、塗り薬処方。1週間後再検診。
皮膚・・・背中1か所にカイカイのかさぶた。こちらは経過観察。
体重・・・6.12kg (1か月前より+0.08kg)

フィラリア:900円×2カ月分
フロントライン+:900円×2カ月分
ウエルメイトL3点耳薬:1600円
処置料(耳):2500円
診察料(爪切り・肛門腺絞り含む):500円

合計 8200円(うち保険負担2415円)

Edit  |  12:38 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Comment(2) | Top↑
2011.04.02 (Sat)

春の健康診断(覚え書き)

今日はりんちゃんの耳の炎症を診てもらいに動物病院に行ってきました。
1週間薬を飲んでいましたが、耳の方はよくなるどころか少々悪化・・・
薬が効き切らず、奥の方まで腫れてしまっているそうです。
ということで、さらに9日分の薬が追加になりました。

おまけに、耳の炎症から来るものなのか詳細はわかりませんが
白血球の値が少し高く、耳が落ち着いたら再度採血するようにと言われてしまいました。
心配です。。
でも、前回痛めた右足は「問題なし」でした。

ついでにフロントライン、フィラリア検査、狂犬病予防接種も
まとめてやっていただきました。

○耳処置:2000円
○春季特別健康診断(フィラリア&血液検査):6000円
○狂犬病注射:3500円
○フロントライン2回分:1800円
○診察料:500円

合計:17325円(税込)
保険負担額:5880円
自己負担額:11445円

*ワクチンは1年半ごとになったので、今年は接種せず。
*フィラリア予防薬は5月末から
*体重:6.06kg(ベスト体重)


11040203.jpg
診察が終わってご機嫌のりんちゃん


Edit  |  16:35 |  ヒート・避妊手術・通院履歴  | Top↑
 | HOME |  NEXT